イベント概要

ひきこもりピアサポートゼミナールは、主催者も参加者もひきこもり当事者・経験者だけで行う、当事者会のようなピアサポート学習会です。
漠然とピアサポート・当事者主体の取り組みに関心のある当事者・経験者の方はぜひご参加ください。また、居場所とは違う「学習会形式」の場に参加したい方もおススメかもしれません。

第4回からは新しいテキスト(2016年度より使用しているテキスト)に入ります。
「当事者主動サービス研修テキスト」を用いて、ピアサポートについて体系的に学んでいきます。
数回に分けて学びますが、1回のみの参加も大歓迎です。またピアサポートの予備知識は必要ありません。事前学習教材もあるので安心だね(=゚ω゚)ノ

「当事者主動サービス」とは、当事者が半数以上を占め、当事者が中心となって運営しているグループのことを指します。

当事者中心の活動であることから、当事者主動サービスの取り組みにはピアサポートが活発に行われています。この取り組みの中からピアサポートを体系的に学べるようにしたテキストを用います。

第4回~第5回は「考え方(信念体系)」について学びます。いわゆるピアサポートを考えるにあたっての哲学のような単元です。

ピアサポートの前提条件、ピアサポートが促進される共通要素、一人一人の異なる視点、どんなことがあるとリカバリーが育まれるかなどを学びます。


日時

2018年7月15日(日)12:30~16:30


会場

桜木町近辺(参加者に直接連絡します)


対象

ひきこもり当事者・経験者のみ


参加費

500円


主催

ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜


お申し込み・お問い合わせ

①~④を添えてひき桜までお申し込みください。
①氏名 ②ふりがな ③ひきこもり経験(ありorなし) ④注意事項への同意(はい)

申込先(ひき桜):hikizakura.yokohama@gmail.com

※事前申込必須です。当日の飛び込み参加は出来ません。


情報源

ブログ
http://hikizakura.hatenablog.com/entry/20180710/1531184088



PDFが表示されない場合はお手数ですがこちらからダウンロードください
2018年第4回ピアサポート


「県・団体によるイベント」の最新記事