概要

ひきこもっている家族について、どのように理解し、向き合ったらよいのか、
専門家や支援者、体験者の話から学び、理解を深め、ともに考えてみませんか。


日程

<第1回>
「気になる様子の理解と家族ができることを考える」

・日時
9月6日(木曜日)
午後2時30分から4時30分

・講師
青山久美氏(横浜市立大学付属病院・市民総合医療センター児童精神科 医師)

<第2回>
「不登校・ひきこもり体験者の体験談」

・日時
9月19日(水曜日)
午後2時から4時30分

・コーディネーター・講師
コーディネーター:青方美惠子氏(神奈川県立青少年センター NPO相談・支援アドバイザー)
講師:不登校・ひきこもりの体験者、家族、支援者


会場

茅ヶ崎市役所分庁舎 6階 コミュニティホール
(茅ヶ崎市茅ヶ崎1-1-1)
JR茅ヶ崎駅北口より徒歩約7分
※お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。


対象及び定員

ひきこもりの当事者(10代から30代)を抱える家族、関係支援者
各回定員50名(先着順)


参加費

無料


お申込み・お問い合わせ

神奈川県立青少年センター青少年サポート課 
電話番号 045-263-4467


主催

県立青少年センター


共催

茅ヶ崎市、藤沢市
神奈川県鎌倉保健福祉事務所


情報源

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ch3/cnt/kazokuseminar/kazokuseminar_chigasaki.html


「県・団体によるイベント」の最新記事