概要

 ひきこもりは対人関係の悪循環が固定化したもので、治療は難渋しやすい。しかし、いざ「関係」をみようとしても何をどのようにみればよいか難しい。私は乳児期から成人期まで「関係」の視点から臨床に従事してきた経験から、「関係をみる」ことの本質を解説したい。ヒントの多くは乳児期の子どもと養育者との関係(病理)から学び取ることができる。事前に近著『関係の病としてのおとなの発達障碍』(弘文堂)をお読みいただければありがたい。

講師 小林隆児 先生(西南学院大学教授・精神科医・臨床心理士)


日時

平成30年12月2日(日)
14:00~16:00(受付13:30~)


会場

神奈川県立青少年センター2階 活動室
(横浜市西区紅葉ヶ丘9-1 JR・地下鉄桜木町駅より紅葉坂上る 徒歩10分)


対象

ひきこもりの方のご家族(原則父親)


費用

500円(資料代等)


お申し込み

会員以外 電話にて 090-2840-6575 大久保まで


主催

つづき父親の会(代表:大久保 純一  連絡先:090-2840-6575)


情報源



PDFが表示されない場合はお手数ですがこちらからダウンロードください
「つづき父親の会」研修会チラシ


「県・団体によるイベント」の最新記事