suzu_wink
みなさん、こんにちは!「まとめてみた。」では以前、神奈川県内の支援情報についてまとめましたが、今回は支援団体についてまとめてみました!



ko_ki
サイトトップの投稿ボタンの下に「支援情報はこちら」というボタンがあるのだけれど、ここをクリックすると神奈川県内の支援団体マップ、それに県や団体によるイベント情報を見ることができるよね。



suzu_raku
そうそう。さすがこーちゃん、よくサイトを見てるなぁ。



ko_do
いや、自分たちひき☆スタのナビゲーターだから、一応。。。支援団体とひと口にいっても、支援方法や団体規模、利用者数などは様々だよね。



suzu_raku
そこで、支援内容の観点からまとめようってことなの。横浜市内と横浜市外の2回に分けてお送りします!



ko_raku
なるほど!まずは横浜市外の団体まとめだね。さて、そろそろ今回のゲストをご紹介します。



matome_maruyama
どうもこんにちは。相談機関ヒューマン・スタジオの丸山です。



suzu_ki
丸山さん、よろしく!早速ですけど、支援団体にはどういった特徴のものがあるんですか?



matome_maruyama
訪問支援、フリースペース、講習講座、就労支援、といった支援方法がありますが、訪問支援やフリースペースなどひとつの方法を専門にしているところと、ほとんどまたはすべてを揃えているところがあります。僕は、前者を“単品メニュー”と、後者を“コースメニュー”と呼んでいます。また、どの団体も相談窓口は持っていますし、家族会(親の会)をやっているところもあります。ほかに僕がやっているような独立した相談機関や親の会なども広い意味で支援団体に含まれるでしょう。



ko_niyari
ふむふむ。団体それぞれの特徴を分かっていると、支援団体を探す時のいい手がかりになりそうだな。



suzu_wink
“単品メニュー”と“コースメニュー”かぁ。まとめでは「活動種別」という項目を設けたので、それぞれの団体がどういった支援方法を行っているか分かるようにしました!



matome_maruyama
それと、支援団体がどこにあるのか把握するのも大事です。遠いところだと自分のことを知っている人と会う可能性が少ないという気楽さがある一方、交通費もかかりますし疲れてしまいますから、無理せず通えるところを選ぶというのもひとつの方法だと思いますね。



ko_raku
なるほど~。まずは自分の地域にある団体を知り、そして自分に向いている支援内容の団体があるか探っていくのがいいのかもしれないな。



suzu_wink
近くの団体を探すことも大切だけど、丸山さんのおっしゃるように、交通費を含めたお金の問題もあるよね。そこで、団体活動の中で無料のメニューがある場合は、活動種別の最後に【※無料メニューあり】と表記しました!どういったメニューか気になったら、団体のサイトをのぞいてみてね。



ko_ki
また、団体名の横に【当事者向け】か【親向け】か、一目で分かるようにしたよ。どちらも含まれる場合は両方記したので、こちらもチェック!



suzu_raku
横浜市外という括りは範囲が広いので、今回は地域ごとに支援団体をまとめていきましょう!では、まずは横須賀地域から!



<横須賀地域の支援団体>

●NPO法人 Beingサポートブレイン【当事者向け】【親向け】
http://www009.upp.so-net.ne.jp/being/
アクセス:京浜急行線「京急久里浜」より徒歩3分
JR横須賀線「久里浜」より徒歩5分
電話番号:046-835-6252
電子メール: being@kb3.so-net.ne.jp
〒239-0831 横須賀市久里浜4-16-1 OTビル301
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、学習支援事業、親の会・家族の会、講演会等のイベント ※【無料メニューあり】


●NPO法人 アンガージュマン・よこすか【当事者向け】【親向け】
http://npoey.com/
アクセス:京急線「横須賀中央」駅より徒歩7分
JR横須賀駅より京急バス「税務署経由衣笠方面行」文化会館前下車 うわまち病院信号そば
電話番号:046-801-7881
電子メール: info@npoey.com
〒238-0017 横須賀市上町2-4
活動種別:居場所・フリースペース、学習支援事業、就労支援事業・自立支援事業、相談事業、親の会・家族の会、講演会等のイベント

suzu_ki
「NPO法人 アンガージュマン・よこすか」さんは、以前「訊いてみた」で理事長の島田さんにインタビューしました。「はるかぜ書店」を使った就労支援、フリースペースの提供、学習支援などを行ってるんだね。



●NPO法人 遊悠楽舎【当事者向け】【親向け】
http://yuyugakusha.org/
アクセス:JR横須賀線「逗子」駅、京浜急行線「新逗子」駅より徒歩20分
電話番号090-4244-6093
電子メール: mail@yuyugakusha.org
(主な活動場所:フリースペース遊悠楽舎)
〒249-0005 逗子市桜山8丁目2274番1
 逗子市蘆花記念公園内第2休憩所
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、就労支援事業・自立支援事業、親の会・家族の会、講演会等のイベント、その他


●NPO法人 湘南国際【当事者向け】【親向け】
http://www.shonankokusai.jp/
アクセス:京浜急行線「横須賀中央」駅より徒歩3分
電話番号:046-827-1941
〒238-0042 横須賀市汐入町2-46-1
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、就労支援事業・自立支援事業、学習支援事業、講演会等のイベント、その他


●鎌倉会(ひきこもり者の家族会)【親向け】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p473999.html (県サイト)
アクセス:(主な活動場所)
鎌倉保健福祉事務所 会議室
JR横須賀線「鎌倉」駅東口より徒歩12分
電話番号:090-7249-4890
〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜2-16-13
活動種別:親の会・家族の会


●カマクラ 「風の谷」【親向け】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p7251.html (県サイト)
アクセス:JR横須賀線「鎌倉」駅より徒歩2分
電話番号:0467-22-2771
〒248-0003 鎌倉市浄明寺4-9-1
活動種別:親の会・家族の会、講演会等のイベント


●文化塾&フリースクール【当事者向け】【親向け】
http://bunkafs.com/
アクセス:京浜急行線「三崎口」駅(終点)下車、バスで三崎方面へ「栄町」下車(10分程度)徒歩1分
電話番号:046-882-4899
電子メール: bunkafs@jcom.home.ne.jp
〒238-0221 三浦市三崎町六合658
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、学習支援事業、その他


<川崎地域の支援団体>

●NPO法人 フリースペースたまりば【当事者向け】【親向け】
http://www.tamariba.org/
アクセス:JR南武線「津田山」駅より徒歩5分
電話番号:(法人)044-833-7562(フリースペースえん)044-850-2055
電子メール: freespace@tamariba.org
活動場所:〒213-0033 川崎市高津区下作延5-30-1 川崎市子ども夢パーク内「フリースペースえん」
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、学習支援事業、講演会等のイベント ※【無料メニューあり】

ko_ki
こちらの理事長・西野博之さんの著書「居場所のちから」を、以前書評で紹介したよ。来たい時に来て、帰りたい時に帰れる、何にも縛られないフリースペースを運営しています!



●K・H親の会(20代ひきこもり親の会)【親向け】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p474089.html (県サイト)
アクセス:JR南武線「武蔵中原」駅より徒歩1分
電話番号:090-2484-9113
〒211-0053川崎市中原区上小田中6-22-5 川崎市総合福祉センター5階ボランティアルーム
活動種別:親の会・家族の会 ※【無料メニューあり】


●NPO法人 教育活動総合サポートセンター【当事者向け】【親向け】
http://www16.ocn.ne.jp/~snmi/
アクセス:JR南武線「津田山」駅より徒歩約7分
JR南武線「武蔵溝ノ口」、東急線田園都市線「溝の口」南口よりバス「下作住宅前」下車 徒歩4分
電話番号:044-877-0553
電子メール: support0731@luck.ocn.ne.jp
〒213-0033 川崎市高津区下作延5-11-8
活動種別:相談事業、学習支援事業、講演会等のイベント ※【無料メニューあり】


●無名義塾【当事者向け】【親向け】
http://www.01.246.ne.jp/~mumei/
アクセス:東急田園都市線「宮前平」駅、「たまプラーザ」駅 初回の方は当方より車にて駅までお迎えにまいります。
電話番号:044-976-6794
電子メール: mumei1920@pf6.so-net.ne.jp
〒216-0015 川崎市宮前区菅生6-2-5
活動種別:相談事業、学習支援事業


●花きりんの会【親向け】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p380793.html (県サイト)
アクセス:小田急線「百合丘」駅より徒歩約10分
小田急線「百合丘」駅下車、小田急バス百01・百02系統「第一団地前」下車 徒歩3分
※施設内に駐車場があります。
電話番号:044-987-1865
〒215-0011 川崎市麻生区百合ヶ丘2-8-2 北部リハビリテーションセンター3階 会議室
活動種別:親の会・家族の会


<県央地域の支援団体>

●フリースクール鈴蘭学園【当事者向け】【親向け】
http://www.fs-suzuran-gakuen.com/
アクセス:JR横浜線「矢部」駅より徒歩5分
電話番号:080-6577-1545
電子メール: suzuran@fs-suzuran-gakuen.com
〒252-0232 相模原市中央区矢部4-4-1 青木学院内2階
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、学習支援事業、親の会・家族の会、講演会等のイベント、その他 ※【無料メニューあり】


●マイペース塾【当事者向け】
http://www33.ocn.ne.jp/~mp_juku/
アクセス:小田急線「相武台前」駅下車、バス「02系統相武台グリーンパーク行き」終点下車 徒歩2分
電話番号:046-257-4352
電子メール: mp_juku@mbm.nifty.com 
〒252-0325 相模原市南区新磯野4-2-6-302
活動種別:学習支援事業


●一般社団法人 クロスオーバー大和【当事者向け】
http://members3.jcom.home.ne.jp/crossover_yamato/index.html
アクセス:小田急江ノ島線「鶴間駅」西口より徒歩2分
電話番号:046-283-3622
電子メール:団体のホームページをご覧ください。
〒242-0005 大和市西鶴間1-16-6 2・3階
活動種別:居場所・フリースペース、就労支援事業・自立支援事業、学習支援事業、その他


●不登校・ひきこもり居場所「あすなろ」【当事者向け】【親向け】
http://asunarozama.web.fc2.com/
アクセス:小田急線「座間」駅下車、「台04系統」座間四ツ谷行き神奈中バス「座間四ツ谷」下車 徒歩2分
JR相模線「入谷」駅より徒歩8分
電話番号:046-254-2005
電子メール:団体のホームページをご覧ください。
〒252-0025 座間市四ツ谷718-1
活動種別:居場所・フリースペース、相談事業、就労支援事業、学習支援事業、講演会等のイベント、その他 ※【無料メニューあり】


●鳥井スタディールーム【当事者向け】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p7258.html (県サイト)
アクセス:小田急線「相模大野」駅より徒歩5分
電話番号:042-855-8155
〒252-0318 相模原市南区上鶴間本町4-18-22
活動種別:居場所・フリースペース、学習支援事業


●ほっとすぽっと”よかっ種”【親向け】
http://ainetjp.com/dan/
アクセス:大和市民活動センター 小田急線・相鉄線「大和」駅より徒歩3分
大和市青少年センター 小田急線・相鉄線「大和」駅より徒歩5分
電子メール: dancomini05@yahoo.co.jp
〒242-0021 大和市中央1-5-1 大和市民活動センター
〒242-0021 大和市中央1-5-14 大和市青少年センター
活動種別:親の会・家族の会


●さんまの会【親向け】
http://zamat.genki365.net/gnkz/mypage/index.php?gid=G0000221
アクセス:小田急線「座間」駅下車、「台04系統」座間四ツ谷行き神奈中バス「座間四ツ谷」下車 徒歩2分
電話番号:046-254-2005
座間市四ツ谷 不登校・ひきこもり居場所あすなろ
〒252-0025 座間市四ツ谷718-1
活動種別:親の会・家族の会

ko_ki
「あすなろの家」という施設をお借りし、当事者の親同士が話をする場所と時間を提供している「親の会」。ひき☆スタのインタビューでは県央にひきこもりの支援団体が少ない点についてもお話してくださいました。



<湘南地域の支援団体>

●かたつむり【当事者向け】【親向け】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p305416.html (県サイト)
アクセス:JR東海道線「平塚駅」下車、バス20分「横内下」下車
電話番号:0463-54-2385
〒254-0002 平塚市横内3263-1
活動種別:居場所、親の会・家族の会 ※【無料メニューあり】


●NPO法人 そだちサポートセンター【当事者向け】【親向け】
http://www.geocities.jp/sodachi_ssc/
アクセス:JR東海道線「平塚」駅西口より徒歩5分
電話番号:0463-25-6662
電子メール: sodachi@green.ocn.ne.jp
〒254-0044 平塚市錦町5-17
活動種別:相談事業、学習支援事業、講演会等のイベント


●相談機関 ヒューマン・スタジオ【親向け】【当事者向け】
http://homepage3.nifty.com/Husta/
アクセス:JR東海道線、江ノ島電鉄線「鵠沼」駅より徒歩5分
小田急線「本鵠沼」駅 徒歩12分
電話番号:0466-50-2345
電子メール: husta@nifty.com
〒251-0031 藤沢市鵠沼藤が谷3-12-28 悠生館
活動種別:相談事業、親の会、その他

suzu_ki
こちらは今日のゲスト・丸山さんが運営している、相談援助などを行う支援団体です。どういったところなのか、後ほど詳しく伺います!



●NPO法人 青少年サポート協会【当事者向け】【親向け】
http://ysa.sub.jp/
アクセス:小田急線「六会日大前」駅より徒歩5分
電話番号:0466-86-7100
電子メール: npoysa.info@gmail.com
〒252-0813藤沢市亀井野2-21-9
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、就労支援事業・自立支援事業、学習支援事業、親の会・家族の会、その他


●藤沢まわり道の会【親向け】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p7270.html (県サイト)
アクセス:(活動拠点)藤沢市明治公民館(定例会会場です)
JR東海道線「辻堂」駅北口より徒歩5分
電話番号:0467-85-6077
〒251-0042 藤沢市辻堂新町1-11-23 藤沢市明治公民館(主な活動場所)
活動種別:親の会・家族の会 ※【無料メニューあり】


●こころのフリースペース ポレポレ・ちがさき【当事者向け】【親向け】
http://570333freespace.cocolog-nifty.com/blog/
アクセス:JR東海道線「辻堂」駅西口より徒歩7から8分
電話番号:0467-57-0333
〒253-0021茅ヶ崎市浜竹3-1-43
活動種別:相談事業 ※【無料メニューあり】


●NPO法人 ぜんしん【当事者向け】【親向け】
http://www.scn-net.ne.jp/~hira-sc/ (「ひらつか市民活動センターホームページ/市民活動情報/市民活動団体」に掲載中)
アクセス:JR東海道線「平塚」駅、東口改札より徒歩5分
(東口改札を出て、北口バスロータリー側からコンビニエンスストアーを目印にして、茅ヶ崎方面に向かい右手です。)
電話番号:0463-23-1177
電子メール: ryoz@lifestyle-cps.sakura.ne.jp
〒254-0034 平塚市宝町9-9(居場所)
事業種別:相談事業、居場所・フリースペース、就労支援事業・自立支援事業、講演会等のイベント、その他

ko_ki
「ぜんしん」の理事長・柳川さんは、元ひきこもりという体験も生かして自立支援活動をされています。居場所「なかまの広場」でスタッフとともに相談に乗ったり、当事者とお話をされているんだね。インタビュー記事も参考にしてください!



●NPO法人 湘南市民メディアネットワーク【当事者向け】
http://scmn.info
アクセス:JR東海道線、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄線「藤沢」駅北口より徒歩5分
電話番号:0466-47-7765
電子メール: info@scmn.info
〒251-0052藤沢市藤沢93 新堀学園ライブ館2階
事業種別:公式サイト内のページ(http://scmn.info/cn20/kanagawa.html )でご確認ください。

suzu_ki
こちらは「撮ってみた。」でお世話になったね。映像制作による支援を行っています。ゆるいテンションの動画も面白いのでぜひ見てみてね!



●カフェ ドゥ そーじゃん【当事者向け】【親向け】
http://blog.ap.teacup.com/sojourn/
アクセス:JR東海道線、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄線「藤沢」駅より徒歩10分
電話番号:0466-27-8426
電子メール: sojourn@cityfujisawa.ne.jp
〒251-0002 藤沢市大鋸2-2-22 青木ビル2階
活動種別:居場所・フリースペース、自立支援事業、親の会・家族の会、その他


<足柄上・西湘地域の支援団体>

●はじめ塾【当事者向け】【親向け】
http://hajimejyuku.com/
アクセス:JR東海道線、小田急線「小田原」駅西口より徒歩5分
電話番号:0465-34-6033
電子メール: hajimejyuku@aol.com
〒250-0045小田原市城山1-11-7
活動種別:居場所・フリースペース、学習支援事業、親の会・家族の会


●NPO法人 子どもと生活文化協会(CLCA)【当事者向け】【親向け】
http://www.clca.jp/
アクセス:JR東海道線、小田急線「小田原駅」西口より徒歩3分
電話番号:0465-35-8420
電子メール: clca@clca.jp
〒250-0045 神奈川県小田原市城山1-6-32 Sビル2F
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、就労支援事業・自立支援事業、学習支援事業、親の会・家族の会、その他

ko_ki
20年以上にも渡って活動を続けている、自立支援の団体なんだね。ひき☆スタのインタビューでは、農作業の実体験ができるのが何よりの特徴だと感じたよ。



●NPO法人 くだかけ会【当事者向け】【親向け】
http://www17.ocn.ne.jp/~kudakake/
アクセス:小田原から大雄山線「富士フィルム前」駅より徒歩5分
小田急新松田駅から関本行きバス「竜寺前」下車 徒歩5分
電話番号:0465-74-4770 0465-73-2007(相談電話)
電子メール: kudakake@dance.ocn.ne.jp
〒250-0105 南足柄市関本44-1
活動種別:相談事業、居場所・フリースペース、親の会・家族の会、講演等のイベント


●くだかけ生活舎【当事者向け】
http://www17.ocn.ne.jp/~kudakake/seikatu.html
アクセス:JR御殿場線「山北」駅より徒歩90分
または山北駅前からタクシーで15分
電話番号:0465-75-0855(又は くだかけ会 0465-74-4770へ)
電子メール: yamanoie@jt4.so-net.ne.jp 
〒258-0121 足柄上郡山北町皆瀬川1430
活動種別:居場所・フリースペース、その他


suzu_raku
……ということで、横浜市外の支援団体を見ていきました!



ko_raku
いや~すごいボリューム!



matome_maruyama
2人とも、お疲れ様です。



suzu_ki
横浜市外でも、川崎市のような大きなまちには支援団体も多いみたいね。



ko_niyari
これまでひき☆スタで紹介してきた団体さんもたくさんあったね!もっと詳細を知りたい!という団体を見つけたら、団体名をクリックすると団体のウェブサイトに飛べるよ。



suzu_wink
このまとめ記事は、神奈川県のウェブサイトにある「ひきこもり、不登校などの青少年やご家族をサポートするNPOの情報」をもとに、過去にひき☆スタで紹介した団体などを足して作成しました。ひき☆スタでも支援団体をまとめていくことで支援団体一覧を充実させていきたいと考えているので、今後もよろしくお願いします!



ko_ki
では、最後にゲストの丸山さんからコメントをいただきたいと思います。よろしくお願いします!



選択の基準はあくまで自分のなかにある

 僕がひきこもっていた当時はほとんどなかった支援団体も、これだけ増えてくると“選ぶ”ことが必要になります。その際、支援に求めることは「社会復帰のサポート」「人に慣れるための場」「誰かひとりに相談する/訪問してもらってつきあう」など、人によって違います。エネルギーが回復して社会復帰への意欲に満ちてくれば、さっきお話しした多くの支援方法を揃えている団体を選んで講習講座や就労支援を受けるのもいいと思いますが、そこまで行っていない人は「○○相談センター」「フリースペース○○」「訪問支援機関」などといったひとつの支援方法を専門にしている団体を選ぶと、無理なく利用できて長続きするかもしれません。「選択の基準はあくまで自分のなかにある」ということです。そして、就労はともかく社会参加は支援を受けなければ絶対にできない、というわけではないことも認識しておいてください。

 かくいう私は「ヒューマン・スタジオ」の相談員として10年来、相談業務やメールマガジンなどを通じて、おもに親御さんが当事者の方に適切に対応するためのお手伝いをしています。一方、少ないですが当事者の方が相談に通ってくる場合は「1対1で話せるから」という理由が多いようです。  支援を受ける際、フリースペースのようにたくさんの人がいるところには行けない人は、相談員や訪問支援員との1対1のつきあいから始めるのはどうでしょうか。  相談は個別にじっくり話し合えるという利点がありますが、当事者の方が動き出せば、それ以降は多くの支援方法を揃えている団体のほうが選択の幅があるのでステップアップしやすくなります。そこで、私が去年周囲の支援者と一緒に設立した「湘南ユースファクトリー(SYF)」は、年齢に関係なくひきこもっている最中から将来にいたるまで、どの段階においても生きることが楽になって動きやすくなることを目的とした一連の支援を揃えた団体になることをめざして動き始めました。  そのため「ヒューマン・スタジオ」主催で定期的に開催してきた「青少年支援セミナー」というイベントも、先日の第20回をもって終了し、代わって当事者の方々の求めに応える支援システムをSYFに導入する準備に着手することにしています。



matome_maruyama
丸山康彦(まるやま・やすひこ)
「ヒューマン・スタジオ」代表兼相談員。
不登校のため高校を7年かけて卒業。大学卒業後、高校講師、ひきこもりを経て1999年4月に個人事務所を開設し、青少年支援の学習と活動を開始。2001年10月に個人で同スタジオを設立し、不登校・ひきこもりの相談援助のほか、メールマガジンの執筆配信、家族会やセミナーの開催など多様な関連業務を企画実施している。
昨年、周囲の関係者と不登校・ひきこもり支援団体「湘南ユースファクトリー」を設立し代表理事に就任。
著書に『不登校が終わるとき-体験者が当事者と家族に語る、理解と対応の道しるべ』がある。

「まとめてみた。」の最新記事