投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
働くコト

ひきこもりは社会的に殺されてる

田舎に住んでる男です。
以前は、会社へ勤めていたこともありましたが、自分の思うようにいかないとごねる上司のせいでやめました。
そのあと、田舎は苦しい。悪い噂を立てられて、おかしな有名人にされました。バイ トや社会復帰ができません。一度、バイトしたものの、嘲笑やバカにされる、病気扱 いなどをされやめました。日常生活でも、見ず知らずの人に、陰口やあてつけをいわ れる。「あいつ○○だよ。」と。就職活動もできません。職安でも、自分が悪くてや めたのに高望みをするなみたいな感じで扱われます。
僕としては、できることを、まじめに色々な事をやっているつもりなのですが、こう いう対応ばっかにあうと、何もしたくなくなります。
行動をしてもうまくいかず、年だけ取る。蟻地獄のような生活。ある人がある行動を するのは、その人の精神に問題があるというより、その行動をとることが最適な環境 があるのではないかと思うのですが、それも全部悪く取られる。
社会で必要なのは、仕事をこなす能力でもなく、コミュ力でもなく、いかに自分がう まく立ち回るかの政治力。幅を利かせられるかの政治力だと、誰か教えてくれればよ かったのに。正しさは、言った人にあるのでなくて、誰がいったか。こういうこと を教えてくれればよかったのに。
仕事はしたいけど、あさましい人たちとは付き合いたくない。純粋に仕事だけできれ ばいい。仕事ができないのでなくて、上司に気に入られないからさせてもらえない。 それは、おかしい。


静岡県 ふじやま (投稿日:2016年2月11日)

58

10つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 匿名 says:

    田舎のそういうところ、本当に嫌ですよね。
    自分たちで自分の首を絞めている人たちだと思います。

    まだ体力や資金があるのなら、首都圏に出てきたらいかがでしょうか。
    私自身、元ひきこもりで、治療をしたくても病院はない、仕事はない、近所では噂ばかりされる。悪循環でひきこもりが酷くなる。
    田舎のそういう側面が嫌で、外は怖いですが死ぬ思いで田舎を出ました。

    煩わしい近所付き合いから開放されて、とても気を楽にして暮らしています。
    病院は選べるほどあるし、専門性の高い医師がきちんといます。
    人間関係で失敗をしても、仕事先はいくらでもある、すぐに辞めればいいくらいの気持ちでいます。
    (バイトをかけもちして何とかギリギリで生きています。)

    自分の場合は周囲の環境、特に人間環境が悪かったんだと思います。
    人目を気にしなくていいと思ったら、外に出ることができるようになりました。

    ふじやまさんは環境が変われば、きちんと勤められる方なんだと思います。
    たった一つの会社の、上司に気に入られないという、
    よくある理由(こちらではよくあることです)で、
    そこまで社会的に追い込まれる環境はおかしいですよ。

    失礼ですがその地域、本当におかしいです。
    できればその地域からの脱出を図って欲しいと思います。

  2. 静岡県 ふじやま says:

    匿名さん。コメントありがとうございます。
    私も、一度は、この地域からの脱出を図ろうと思い、他地域で生活を始めました。日常の生活は、のびのびとできよかったのですが、やっぱり長い間人間関係の中にいないとダメなんですよね。うまくいかずに、結局、元の実家へ戻ってしまい、元の生活に戻ってしまいました。 匿名さんのように強くはやっていけないのです。最近は、親は煩いし、やっぱり脱出したところで頑張ればよかったなと後悔もしています。

  3. 静岡県 ふじやま says:

     投稿したものですが、最近またこのスレッドみたいに考えることが多くなっています。
     誰か、何か教えてくれませんか??
     びくびくしながら生きていくのは、疲れました。差別というか、偏見というか。どこにも受け入れてもらえない感じ。こっちは、自分の門戸を開いているつもりだけど、周りはしっかり互いに団結して(そのように見える)門戸を閉ざして、こっちからは見えない塀の向こうから矢がとんでくる。こっちの、心が削られるばかりなのだけど。持たねえわ。
     最近、本を読みました。その中で、「出撃基地」っていう言葉が使われていて、それは、「時間的に長く、距離的に近い空間を共有する者で、その成員の為には、なにかしたいと思えるもの。」。その出撃基地は、「感情的回復」があるらしい。まあ、家族、恋人、友達ってところなんだけど、どれもない。
     よくわからないんだけど、これらをこれらを作れる人、これらがある人って、本当に、他人に必要とされるような人なのかな。なんでこれが作れるんだろう。
     多分結局、自分の事だけ考えている人同士は、自分の為に相手が必要ってことで結ばれるんだろうな。それが、互いの気持ちが分かるってことなのかな。
     別に、他人のことを考えてきたわけじゃないけど。
     他人とつながろうとは、思うけど、絆が出来るまでの時間、自分が持たねえわ。もう俺、どうしようもねえわ。なにもわからねえww。

  4. 神奈川県 あん says:

    共感します。だから なんとか 閉鎖的でない地域に、動こうと、思ってます。

  5. 山梨県 標  says:

    自分もその出撃基地らしきものありません。一人でいる時がそうかな、と思います。いうなれば小型の出撃基地を背負って生きてるカタツムリ状態か?

    家庭は食料や寝床を提供してくれていますが、あなたのいうような「出撃基地」ではない気がする。かつてはそうだったのかな・・・もうわからない。
    感情的回復よりも消耗のほうが多いかも。

    自分も失踪とか家出でもしたらいいのか?と思うことがあります。もしそうなってもある程度社会に”受け皿”とか、こちらにも適応力みたいなものがないと出ても無理なんだろうけど。
    そのへんのところがまだよくわかんない。もうちょっと見極めていきたい。上の匿名さんは今元気でやってるんでしょうか。僕もわけわかんないです。

  6. 神奈川県 ken says:

    また都会に出て趣味を持つのはいかがでしょうか?趣味を持つ事で寂しさを埋めてとりあえずは趣味でそのあとに趣味友達を作る事がいいと思います、俺もひきこもりで実践してはいないし難しいのは痛いほどわかります
    でも切羽詰まった時は実践すると思いますが追い詰められているならできると僕は感じてます

  7. 東京都 ルイルイ says:

    兵庫の無差別殺人がなぜ起きるのか、ここでのコメントでわかったような気がした。

  8. 兵庫県 蛸 says:

    田舎の住宅街の一軒家に両親と暮らしてる30代後半の♂です。
    ひきこもりの状態が近所に知れ渡ってるのか、近所の若い母親のグループから悪口を言われてるようで、
    不快な思いと恐怖心で外に出るのがなおさら怖くなりました。
    親も精神的に疲弊してるのをひしひしと感じています。
    なのでなんとか地元から脱出しようと思ってます。

  9. 東京都 あほらしい says:

    田舎に住まわれてる当事者の方ははつらいですね。
    田舎がつらいところは精神的に息抜きできる場所がないことのような気がします。
    近所の人間は引きこもり当事者を陰口で追い詰めないでほしいですね。
    自分や家族が引きこもりまで追い詰めた加害者かもしれないのですから。学生時代のいじめとかで。
    あと、兵庫で起きた無差別殺人に共感してはいけないのですが、容疑者の気持ちがわかる気がします。
    本人も今の状況が悪いと思っているのに、近所・世間・メディアが偏見や笑いものに当事者を祭り上げていることが今回の事件が起きた原因のひとつになっていると思います。

  10. 山形県 紅さやか says:

    田舎は自分の顔を鏡で見れない人達が多いんですかね。
    その癖人を悪い意味で有名人にするのが好きです。
    主に光回線より早い噂回線で伝播させていき、3歳児の口からも悪口が飛び出させるくらいですから、そりゃあ家庭での話が容易に想像つくというもの。
    実体験ですが、近所の子供からある日突然、窓から大声でから変態呼ばわりされたことがあります。
    3歳児で、大人が子どもに吹き込まなければそんなことを口走ったりはしないはずなのに。
    大声で言われた瞬間、隣人が笑ってるのが聞こえましたよ(我が家しか知らないだけで、隣人なんか家族単位でおかしい人達なのに)。
    さすがに切れて抗議しに行きましたが、知らないし、うちの子は喋れない(喋ってましたけどね)と知らぬ存ぜぬで通されました。名誉棄損もいいところです。馬鹿にされてるし、なめられてるし、人間扱いもされてない。挨拶しても無視されてたくらいです。
    これが田舎です。
    よく、何事も人のせいにするなって言う人がいますが、ひきこもりを助長するものとして、近所住人の人間の質も問題としてあると思う。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ