投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
このサイトのコト

なぜ繰り返し掲載される「パソコンやめろ」

なぜ、運営は、特定の方の「パソコンやめろ」という投稿を、繰り返し掲載するのだろうか ?

>(11)ひきこもり当事者にプレッシャーを与える可能性がある内容の場合
>(12)同じ内容の投稿を何度も繰り返した場合
以上、2項に、該当するのではないのか ?

携帯電話/スマホでのインターネットは、良いインターネットで、
パソコンのインターネットは、悪いインターネット、
とでも考えているのか ?

東京都 東上☆空木51(投稿日:2017年3月28日)

12

6つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 じゃがいも says:

    単に「ネット」のことを「パソコン」と表現しているだけでは?

    別にネットを携帯やスマホとパソコンで分ける意味もないので。

  2. 神奈川県 k1 says:

    ネットリテラシー、ネットのメリット、デメリットについて紹介してるサイトを見せたりするとかの方が建設的な気がする(このサイトはそういう事を言う所では無い気がするのだが…)。

    前提条件で「ネットは悪」と決めつけてるなら理屈で言っても意味無いね。じゃあ何であなたはネット使ってるの?と言いたくなる。
    馬の耳に念仏。「ゲーム脳」みたいなもんだ。

    色んな人の意見を聞くためにあんまり同じ人が発言するのは、控えた方がいいのかもしれないと個人的に思う。
    新しく書き込む人が戸惑うかもしれないし。

    まぁここら辺は運営さんの方で考えて下さい。
    私は知らん。

  3. 神奈川県 あき says:

    仕事上、精神福祉士さんと話す機会があるのですが、「パソコン、テレビゲームなどの機器の長時間使用は、脳からドーパミンが多量に放出されるために、興奮状態が起こり不眠、倦怠感が続く」と聞きました。
    また、うちの子は以前フリースクールで合宿生活をしていたのですが、これらは脳に害があるものとして禁止されていました。
    フリースクールに行っていたときは、規則正しい生活を送っていたので、ハーフマラソンに出場したり、旅行に行ったり、大学進学などに意欲的でした。
    けれど、お金が続かなくなって、家に戻ったら一日中パソコンの前
    で一年以上は家の外にでていないです。最近は風呂にもあまり入っていない感じだし、部屋にはかぎをかけちゃっているし、イライラしている様子で時折大きな物音をたてます。話かけると壁をたたいたりするので、困っています。

  4. 神奈川県 hk says:

    まぁ…ぶっちゃげ社会人も荒れてる人かなりいますよ。
    会社、学校に行ってるから大丈夫とは言えないと思う。
    パソコン、スマホの問題はひきこもりに限った話じゃないし。

    (一部修正)

  5. 大阪府 レモン says:

    脳に悪いからと、あるひとつの事象に囚われて、
    PCを完全に断つことは、社会復帰を
    阻害することになりませんか?
    社会人、学生など現在ではPCなくしては仕事も勉強もできませんよ。
    その全責任を取れるのであれば、当事者にすすめてみてください。
    当事者が親や支援者の自己満足に振り回されないといいのですけど。
    支援者のコントロール下に置かれるような状況が
    目的とならないといいですね。

    精神福祉士の話が出てきましたが、
    「辞めさせたい」目的があって、
    都合の良い「理由」付けがほしいのでしょうか。
    PCやゲーム批判も結局は言いだしてる本人のエゴが先にあるように思います。
    当事者がPCやゲームをすることに対して、
    生理的嫌悪を持っているのが本音なのでは?
    PCやゲームに限らず、何でもそうですが
    「やりすぎ」は身体へのダメージになります。
    とはいえ、それらをすべて排除するのでは、
    ストレスにもなりますね。
    All or Nothingではなく、割合の問題です。
    時々、デジタルデトックスするのはいいことだと思いますよ。
    ただし、これは押し付けで勧めると、拒否反応でしょうけどね。

    ひきこもりに限らず、規則正しい生活をすることに
    越したことはないです。
    ただ、これはひきこもり問題の根本的な解決にはなりませんね。
    形だけ整えさせても、抱えてる本質の問題が放置されっぱなしでは、
    元の木阿弥です。
    もっとひきこもり問題の本質に焦点をあててほしいですね。

    そういえば、先日「ひきこもりの支援者が当事者」を拉致した
    事件のニュースが
    大手マスメディアで一斉に報道されました。
    被害者はスマートホンを奪われて監禁状態にされ、
    暴行までされました。
    この事件は特殊な事例ではなく、
    前々から問題視されている事例のひとつです。
    私個人の意見では、やはりスマートホン、PCは
    SOS発信には必要ですね。

  6. 大阪府 レモン says:

    フリースクールや合宿は
    いろいろとイベントも企画するみたいですね。
    だから、当事者にとって合っていれば、
    刺激もあり、意欲的になるのでしょう。
    それをベースに社会復帰への足掛かりも作れるのではと、
    希望を持つでしょうから。

    ただ、こういう支援をしてるところは費用がずいぶんとかかり、
    経済的負担が大きい。
    経済的な理由で途中離脱すると、
    その場で得られた意欲や人間関係なども全てリセットでしょうから。
    このような状況になったら、
    ひきこもりに限らず、
    絶望したり、イライラするのは、むしろ当然の反応と思います。
    希望から絶望に突き落とされると、精神的な傷は大きい。

    こういった支援は全く意味がないとは言いませんが、
    かけた費用のわりに当事者や家族に返ってくるリターンは
    それほど高くないのではと、私は思うことがありますね。

    「風呂に入らない」については、
    衛生面などを考えると、確かに放っておくわけにもいかないですが、
    「風呂へ入らない」ことが問題なのではなく、
    「風呂へ入る」気力まで奪われていることが
    問題なのではないでしょうか。
    この状態になると、かなり精神的に傷ついてる状態だと思います。
    これに関しては、昨今話題になっている
    「セルフネグレクト」の状態かもしれませんね。

    部屋の鍵をかけるのは、プライベート空間を保つためでしょうし、
    小さな子供でもないのですから、むしろ当然かなと私は思いますが、
    どうでしょうかね。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ