投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
悩んでるコト

【悲報】おそ松さん2期決定

天才漫画家の名作をニート差別と商売に利用された悲劇が再び繰り返される・・・
もう止めてくれ!!としか言えません。

神奈川県 名無し(投稿日:2017年8月17日)

19

10つのコメントがあります。

  1. 東京都 あほくさい says:

    最悪最低の見る価値もない偏見アニメをまたやるんですか。
    人気があるというより、アニメとして取り上げる漫画がないからやっているんじゃないですか。
    クールジャパンと言われていますが、実際は日本のアニメ人気は落ちていますから。

  2. 無業者ちゃん漫遊記 says:

    でもあの兄弟ってすごく人気がありますよね。無業者設定のキャラクターがたくさんの人から愛されているのは個人的には嬉しく思います。

  3. 神奈川県 神奈川生まれの神奈川嫌い says:

    あのアニメ、人権侵害レベルの酷い内容なのに批判が全く起きていないのが不思議でなりません。
    問題になった点と言えば、アxパxマxなどの他作品を下品にパロディ化して原作者らの不興を買ったことや、○○のシーンでBPOにクレームがあったくらいで、肝心の部分、つまり「いわゆるニートをネタにしている点」にはケチがついていないのです。

    雑誌で監督と脚本担当の男が対談していたのを見かけたのですが、それはそれは酷いもので、会議で『大人になった六つ子の設定はどうするか?』という話になった時、『ニートという設定で行きましょう!』などと話していたと、軽口を叩いていました(怒)。
    このアニメの製作者、そしてこれを喜んで見ている視聴者(とりわけ芸能人ども)にとって「ニート」とは社会から排除された者ではなく、いい歳をして親のすねをかじり、「生きる」とか「働く」ということをなめきった「ヒトに非ざる者」という認識なのでしょう。

    乱文乱筆失礼致しました。

    (一部修正)

  4. 東京都 ちょろ松 says:

    そうですかね?僕(ニート)としてはすごく楽しめたし、二期も超絶楽しみですが、、
    むしろニートをよいしょー!してると思ってましたが

  5. 東京都 ちょろ松 says:

    自分としては超絶楽しみだけどなあ(ニートです)
    当時リアルタイムでおそ松くんをみてて今ニートの人は楽しめないのだろうか

  6. 東京都 あほくさい says:

    赤塚不二雄が書いたおそ松くんとおそ松さんの違いは寛容と排他的だと思います。
    おそ松くんは個性あるキャラを社会が受け入れる寛容さがある感じがするのに対して、おそ松さんは明らかにニートを笑いものにする排他的要素が作品として見えます。
    おそ松くんのキャラを使用していても、作品としてはまったくの別物です。

  7. 神奈川県 hk says:

    おそ松さんよく知らんけど、
    ニートひきこもりバッシング論者をキャラ化して
    おそ松さんに出させて、戦わせようwどいひー。
    「毒を以て毒を制す」
    全くクールでは無い、仁義なき戦いが今始まるっ!ファイ!
    別の意味で社会現象になるのでは?

  8. 東京都 あほくさい says:

    おそ松さんのニートを笑いものにする制作会社の姿勢には
    1986年に起きた中野富士見中学いじめ自殺事件を彷彿とさせます。
    どちらも発言力のない人間を表立って笑いものにしていじって
    精神的に追い詰める姿勢が同じです。

  9. 東京都 東上☆空木52 says:

    おそ松さんへの抗議で、http://change.org での「欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)の歌『月曜日の朝 スカートを切られた』」への抗議を思い浮かべた。

  10. 神奈川県 名無し says:

    先週コメントを投稿しましたが私の分がハブかれてるのは何故ですか?(確か東上☆空木52さんより前の日に書いたはずです)
    コメントの主な内容は、某雑誌のサイトでおそ松さんのスタッフ達の対談記事を見つけたのでリンク付きで紹介すると言ったものでした。
    ハブかれた理由は、あの記事の内容がひきスタ読者達にとってショッキングなものだったからですか?

    【編集部より】
     御質問をいただいたコメントについては、御投稿が確認できませんでした。
     恐れ入りますが、再度御投稿ください。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ