投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
悩んでるコト

オリンピック見て どう思う どうでもいい

「こどもの6人にひとりが貧困」ワーキングプアとか、これが、現実の生活で、学校が、役にたってない。役所も。。オリンピック見て、別世界の日本人でしょ。私ら求めてるのは、毎日、安心して、いじめられなく 食べてゆける社会環境で、不登校がない学校とか 非正規でも 食べてゆける社会で、オリンピックに出られる人を、望んでないのよ。お金持ちで、恵まれたの番組でしょ。そうおもわないですか。

千葉県 すしまん(投稿日:2018年2月21日)

7

4つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 あき says:

    オリンピックに、出場した選手は血と汗を流すような努力をして、その結果見せた演技はすばらしいし、多くの人を魅了して感動を与えたと思う。その感動で、元気をもらったという人も多いです。
    フィギアスケートなどの習い事はお金がかかるし、金持ちの親がいてこそ、、、といわれます。けれど、バンクーバーオリンピックで銅メダルの高橋選手は家が裕福でないけど、募金などで支えられたと聞きます。また、カーリングの選手は普段は事務員として働いて仕事が休みの日に練習をするといった、金持ちでなくとも練習を続けてきた選手もいるのです。

    「子供の6人に1人が貧困」ということで、子供食堂やスーパーの消費期限が短くなってきた食べ物を、貧しい家庭に配ると言うボランティア団体が出来ました。もし、そういう子供たちに手を貸してあげたいという気持ちがあるなら、そういう団体でボランティアはいかがでしょう。
    世の中のは、いろんな問題があるけど、他人になんとかしろと言うより、何とかしないと思い立った人が行動するべきでないでしょうか?
    ワーキングプアーは一人での生活では厳しいけれど、例えば低所得の人が高所得の人と結婚するとか、実家で暮らすとかすることで生活は成り立っています。売れないお笑い芸人が奥さんの稼ぎで食べていけているとか、、、、。

    学校は役に立っていますよ。日本人の殆どの人が字がかけます。
    海外では字が書けない人も大勢いて、選挙の投票用紙も候補者の名前を書くのでなく、○をつけるシステムだそうです。 また、政治、農業、医療、化学、芸能各方面で、活躍している方は、学校でその知識を学んだわけです。

    いじめについては、難しい問題でこれをすぐに解決するのは、難しいけれど、学校が終われば、付き合う人がかわります。
    あるお笑い芸人がテレビで言っていたのですが、小学校のときにめちゃくちゃ厳しい先生がいて、叩かれるのが日常だったそうです。その先生が怖くて、いじめがなかったそうです。
    けれど、今の世の中は、先生が生徒を叩くと、父兄からクレームになったりするので、先生も怒れなくなってしまいました。
    いじめをするような連中は、口で言ったくらいで辞めたりしないでしょう。けれど、大人になって苦労をしていくうちに、昔、悪いことをしたと反省しているかもしれません。

    餓死する人は殆どいないので、非正規でも食べていけています。
    大手企業の正社員や公務員は高給取りだけど、中小企業の正社員だったら、派遣の高時給の方が年収が上かもしれません。 けれど、今の人の中でも、お金はほどほどで心の豊かさを大切にしたいという生き方を選択する人もいます。大手に勤めて高収入を得ていたのに、辞めて地方で農業して暮らすとか、、、。

    資本主義は、所得格差があるけれど、社会主義は貧しい人の割合がもっと多いと思います。(発展途上国の貧しさは、日本の貧しさとは比較にならない。)
    全ての人が裕福という政策はできないのだと思います。自分の置かれた立場で、がんばる。それしかないです。戦争や、天災、貧困いろんな困難が今までもあった。けれど、そんな困難を乗り越えて生きてきたのだと思う。そして、辛い経験をしたからこそ得られたものもあったのだと思う。

  2. 神奈川県 れもん says:

    1のコメントへ

    世の中のは、いろんな問題があるけど、
    他人になんとかしろと言うより、
    何とかしないと思い立った人が行動するべきでないでしょうか?

    『行動』には必ず伴う『責任』と『確認』が大事です。
    行動をすれば、
    あとは結果が勝手についてくるという短絡的な考えだけに
    突っ走る事態には注意したほうがいいと思いますよ。

    「自分がやっていることは良いことだと思ってやっているのだし、
    間違うわけがないから正しいに決まってる」

    という前提だけで動くと、
    思い描いているイメージとは違った思わぬ形に事態が進み、
    かえって余計なトラブルが増え、
    迷惑を被る人たちが出てしまう場合もあることを
    肝に銘じたほうがいいですよ。
    それができないのでれば、
    ただの暴走した傲慢なだけの人になってしまいますから。

    軌道修正する柔軟性も必要だと思います。

    ワーキングプアーは一人での生活では厳しいけれど、
    例えば低所得の人が高所得の人と結婚するとか

    それはご都合主義です。
    云ってることが無茶苦茶ですね。

    実家で暮らすとかすることで生活は成り立っています。

    とりあえずの生活の安定を図っただけで、
    根本的な解決とはいえません。
    あなたが云うまでもなく、
    既にこの選択を取っている人は多いでしょう。

    売れないお笑い芸人が奥さんの稼ぎで
    食べていけているとか、、、、。

    もはや何が言いたいのかさっぱりです。

    いじめについては、難しい問題でこれをすぐに解決するのは、
    難しいけれど、学校が終われば、付き合う人がかわります。

    あなたの見解では、
    結局、子供が学校に在籍している間は、
    親として問題解決を放棄するということですね。
    学校が終われば解決になるとは限りません。
    『いじめ後遺症』についてかなり軽く見ているようですね。

    いじめをするような連中は、
    口で言ったくらいで辞めたりしないでしょう。
    けれど、大人になって苦労をしていくうちに、
    昔、悪いことをしたと反省しているかもしれません。

    ほとんどの加害者は反省なんてしないと思いますよ。
    反省どころか加害行為を忘れていることも多いでしょうね。
    ご都合主義で、
    被害者に忘れさせるために
    下手な誘導をすると、
    聞く人によっては
    かえって心の傷が深くなりそうですね。

    餓死する人は殆どいないので、非正規でも食べていけています。

    社会で今、
    問題とされてるのは『絶対的貧困』より、
    『相対的貧困』です。

    資本主義は、所得格差があるけれど、
    社会主義は貧しい人の割合がもっと多いと思います。
    (発展途上国の貧しさは、日本の貧しさとは比較にならない。)
    全ての人が裕福という政策はできないのだと思います。
    自分の置かれた立場で、がんばる。それしかないです。
    戦争や、天災、貧困いろんな困難が今までもあった。
    けれど、そんな困難を乗り越えて生きてきたのだと思う。
    そして、辛い経験をしたからこそ得られたものもあったのだと思う。

    あきさんは、人から賞賛されたり、
    感動されたい願望がお強いんでしょうね。
    結局、その気持ちばかりが前面に出ているので、
    空回りしたコメントばかりになってしまうのだと思います。
    自己啓発セミナーもそろそろこれで終了してほしいものですね。

  3. 千葉県 すしまん says:

    コメント ありがとう。 社会が人が、意地悪してる 個人 個人が、競争にいらいらして、争う、「いじめ」「嘘」足をひっぱる いまの学校は、自分の存在を確かめるために 相手を否定する ひとりで、意見いえない。「おかしいと」 みんなが 悪い。戦争に、矛盾感じていても 逆らえない。そういう感じです。
    そこを 踏まえて どう生きるかです。人は、恐ろしい動物です。かわいい顔の女性は、職業問わず、「悪魔」かもしれない 犬は そういうことしない。

    人生戻せるなら 学校いかない 嫌なら 会社 やめる 嫌な人に 合わない。
    生きてゆく 方法を 模索してます。結婚できないが、できて こどもが
    悲しい思いするなら 奥さん 苦しませるなら 社会が間違ってます。いま そう 思う。だれも 僕の意見を、「なに言ってんだ」というでしょう。でも 死んだら だれも 責任 とらないんのが、日本ですから 間違ってますか。敬具

  4. 神奈川県 うむ says:

    その通りです。テレビ見て、浮かれてごまかされてました。みんな 自分の都合で生きてます。オリンピック見ても 食べてゆけない。現実は、いまの自分です。ありがとう。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ