投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
悩んでるコト

引きこもり

人生終わってる。
小学3年の時酷い人見知りで誰とも喋れなくなってからそう思うようになりました。夜になると死にたいとも思い何度も泣いた。
なんで今日まで生きてしまったのか、どこかで変われると希望を持ってたのかも知れません。変われないと生きていけないです。当たり前ですが会話しないと社会で生きられない。仕事もまず電話にでないと始まらない。そんなことが私には上手くできない。家族とはなんとか話せるのに。電話をなんとかとって面接までいって、そこでボロが出る。もう話せなくなる。今も引きこもりになってしまった。もう変われないのだろうか。希望も見えない。お金もない。このままならやっと死ねるのか。それは少し悲しいけど楽になるなら死にたい。

【編集部注】
 ひき☆スタの支援団体一覧ページ(http://hkst.gr.jp/association/)では、県内のひきこもり支援団体の情報提供をしています。
ひきこもりのことや働くことなどでお悩みの方にご利用いただける、相談窓口、就労支援機関等の情報を掲載していますので、ぜひそちらをご覧ください。

神奈川県 sa(投稿日:2018年3月24日)

6

1つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 あき says:

    ひきこもり経験の有る方に最近、会いました。むしょうにに死にたい気分になって、自分で救急車を呼んで、しばらく精神科に入院されたそうです。そのあと、恋愛もされているし、行政書士の資格に合格されました。「普通に生活保護を申請してもなかなかとうりにくいので、行政書士が同行すると、申請がとおりやすいから自分が力になってあげたい。」と言われていました。
    精神科や心療内科に通うことに抵抗を感じるかもしれません。けれど、そういうところに行くことによって、楽しく暮らせるようになった方をいっぱいみています。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ