投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
ほろ苦かったコト

全員に事情があるんだよな、、

ずっと、親を憎んでいたし特に父親を恨んでいたから
一歩間違えれば、慶応大生の男の子様になっていたんだよな。虐めを受けて、誰も見ぬふりで今だにフラッシュバックが酷いし。

でも、父親と特に向き合って少しずつ変化して彼も必死だった事は分かった。
かつての虐め子にしても家庭環境が荒れていた反動とか
それぞれに、事情があったんだよな。
そう思うと、虐めや押し付けられてきた教育は苛つくすぐには許せないけど何だろう、親近感が湧いた。
うーん。不思議な感覚だ。

俺自身、引きこもり、バイセクシャル、鬱病経験者で色々な団体に顔出して時にはボランティアもしたけど
感じたのは、被害者意識が強くて身内だけで籠り外部の人間や少し意見した人を村八分にする光景。
正直、めんどくさい。
分からないなりに、理解して相手に寄り添う思っても逆ギレ。
正直、いつまでも過去に囚われていて文句ばかりすぐに感情的になる人を助けたいとは思わないし
その会合に行って内心一緒にされたくないし
手遅れになる前に、彼等を反面教師にしようと思った。

俺は、人間だから愚痴を言いつつも自分のペースで進みたいかな。
24歳になりたて。若くはないけどやり直しきかない訳ではない。40、50になった時に後悔したくないや。

取り敢えず、4月から大学が始まるから最後くらいは好きな学問を学び、バイトを応募して、神奈川巡りをして少数で良いから再度人と深く関わる事から逃げない、、
後は、親とは感謝しつつも対等を意識しよう。
父親も恐怖の対象ではなく、ただの家族や。

俺も、自暴自棄だった時に手を差し伸べてくれた人を拒否していたんだな。余裕が無かったとは言え申し訳なかった。
人は、自分を写す鏡とは良く言ったもんだ。

神奈川県 たくと(投稿日:2018年3月28日)

80

4つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 yoshi says:

    私もひきこもり当時いろいろな団体に参加しましたが、たくとさんが感じられたことと同様の感想を抱きました。

    私自身も経験がありますが、人間は追い詰められると自分が否定されることに敏感になってしまい、どうしても自分をかばってしまうのでしょうね。
    その結果100%自分が正しいと思い込んでしまい、「馴れ合い」か「排除」のどちらかに走ってしまうのだと思います。 しかしそれでは自分の周囲には同調者ばかりになってしまい、実質的には「一人の状況」と変わらないように思います。

    世の中自分と同じ考え方の人ばかりだといいのですが、現実にはそうもいかず意見の違う相手とどうしても付き合わないといけない時もあります。
    そうした時にたくとさんが仰るように、まず自分と相手との立場の違いを認めた上で、相手の事情を「自分に置き換えて」理解しようとすることはとても大事だと思います。
    相手の事情をよく理解しようとしないまま「あなたは間違っている」と主張すれば、相手からも「あなたこそ間違っている」と反論されるのは当然のことですから、それではいつまでも反発し合うだけで進展は難しいですからね…。

    私も父と長い間確執がありましたが、お互いぶつかり合いながらも真剣に向き合うことで相手の立場や気持ちを理解し、今では父を尊敬しています。

    その時に気がついたのは、嫌悪する相手の中に、実は嫌いな「自分の一部」が投影されているのではないかということです。
    その人に固執するということは、自分にとって何か特別な意味があるのだと思います。
    たくとさんが「人は自分を映す鏡」と仰ったように、あの時の私は相手を見つめることを通して、自分自身を見つめていたのだと思います。

    たくとさんはお若いですから、機会があればぜひ海外にも行かれてはと思います。
    私も各国を旅しましたが、日本を外から見ることはとても大事なことだと思います。

    日本はまだ経済大国だという意識の方がいらっしゃいますが、東京大学は世界ランキングで46位、トヨタの時価総額は世界で36位(注:アップルの時価総額≒日本企業トップ10の時価総額の合計)、Billionaire(個人資産10億ドル以上)はアメリカ565人、中国(香港除く)319人に対して日本33人とかつての経済大国時代のイメージから大きく変わっています。
    実際に海外から帰国するたびに、日本の国自体がひきこもりではないかと感じることがありました。

    日本はこれから超高齢者社会と人口減少が進行し、さらに深刻な状況に入っていきますから、先が見えず苦しいのはひきこもりだけでなく社会全体も同様であると思います。
    そうした中でどのように生きていくかという問題は、ひきこもりだけでなく日本全体の共通の課題であると思います。
    現行の日本社会に無理に合わせようとするのではなく、むしろひきこもりの中から新しい価値観を社会に提唱するというのも一つの方法ではないかと思います。

    たくとさんはお若いながらも今まで色々な苦難を乗り越えられ、自分の考えをしっかりと持たれている方だと感じました。
    「艱難汝を玉にす」という言葉がありますが、今までの苦難が報われ実り多き人生を送られるように陰ながら応援しています。

  2. 神奈川県 たくと says:

    yoshiさんコメントありがとうございます。
    僕自身も辛い過去がありますが、色々な人と出会い過去を受け入れて自分らしく生きてる人にたくさん出会いました。

    一方で、いつまでも過去に囚われている人もたくさん見てきました。
    勿論、彼等にも事情があるのは分かりますが。
    僕は、前者と後者なら前者の様な人生を送りたいと思いました。

    過去には、海外に何度か行った事があり日本は生きづらいと感じました。
    御指摘の通り、日本は衰退していますが犯罪が少ない、四季折々など良さも再確認しました。
    たった、一度の人生今日から再出発するつもりで生きていこうと思います。

  3. 神奈川県 すし says:

    「一度きりの人生」 深く 響きました。

  4. 千葉県 まるまる says:

    自分は半ひきこもりの30代です。
    たくとさんは色々な団体に顔出したり、
    時にはボランティアしたりしてたんですね。
    自分ひきこもりのボランティアしたいなと思ってて
    たくとさんは色々と経験があるようなので、
    もしよろしかったら教えてくださいな。

    1、俺自身、引きこもり、バイセクシャル、鬱病経験者で色々な団体に顔出して時にはボランティアもしたけど感じたのは、被害者意識が強くて身内だけで籠り外部の人間や少し意見した人を村八分にする光景。

    村八分怖いですね~
    Q.引きこもりの団体であったことを詳しく聞きたいです

    2.分からないなりに、理解して相手に寄り添う思っても逆ギレ。

    Q.どんな感じで理解して寄り添ったんですか?

    3.いつまでも過去に囚われていて文句ばかりすぐに感情的になる人を助けたいとは思わないし

    Q.どんな言葉を投げかけたら、文句ばかり言ってきたんですか?

    4.その会合に行って内心一緒にされたくないし

    Q.誰に何を一緒にされたくないですか?

    以上でーす ちょっと気になったので聞いてみました。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ