投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
ほろ苦かったコト

全員に事情があるんだよな、、

ずっと、親を憎んでいたし特に父親を恨んでいたから
一歩間違えれば、慶応大生の男の子様になっていたんだよな。虐めを受けて、誰も見ぬふりで今だにフラッシュバックが酷いし。

でも、父親と特に向き合って少しずつ変化して彼も必死だった事は分かった。
かつての虐め子にしても家庭環境が荒れていた反動とか
それぞれに、事情があったんだよな。
そう思うと、虐めや押し付けられてきた教育は苛つくすぐには許せないけど何だろう、親近感が湧いた。
うーん。不思議な感覚だ。

俺自身、引きこもり、バイセクシャル、鬱病経験者で色々な団体に顔出して時にはボランティアもしたけど
感じたのは、被害者意識が強くて身内だけで籠り外部の人間や少し意見した人を村八分にする光景。
正直、めんどくさい。
分からないなりに、理解して相手に寄り添う思っても逆ギレ。
正直、いつまでも過去に囚われていて文句ばかりすぐに感情的になる人を助けたいとは思わないし
その会合に行って内心一緒にされたくないし
手遅れになる前に、彼等を反面教師にしようと思った。

俺は、人間だから愚痴を言いつつも自分のペースで進みたいかな。
24歳になりたて。若くはないけどやり直しきかない訳ではない。40、50になった時に後悔したくないや。

取り敢えず、4月から大学が始まるから最後くらいは好きな学問を学び、バイトを応募して、神奈川巡りをして少数で良いから再度人と深く関わる事から逃げない、、
後は、親とは感謝しつつも対等を意識しよう。
父親も恐怖の対象ではなく、ただの家族や。

俺も、自暴自棄だった時に手を差し伸べてくれた人を拒否していたんだな。余裕が無かったとは言え申し訳なかった。
人は、自分を写す鏡とは良く言ったもんだ。

神奈川県 たくと(投稿日:2018年3月28日)

7

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ