投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
働くコト

農業体験談

過去にとある若者支援団体の農業事業を見学したことがある。就労に不慣れな人を対象としていたようで、参加者は見学者を含めておよそ10人。就労時間は昼休みを除いて4時間。ボランティアではない。
まずは畑の所有者の指示に従って、土を耕して苗を植えるといった作業を2時間淡々と進めていく。求められるスキルもなく、せいぜいくわを扱う筋力があれば事足りる(ただし農作物の発育状況によって作業内容が変わる)。

印象的だったのは多くの参加者が受動的だったということだ(彼らは見学者ではない)。現場監督に「土耕して」と面と向かって促されなければ動かない。そうでなければ作業している他人を眺めているだけだ。
一方で能動的に働く人達が3、4人いた。彼らは表情が朗らかで、時に談笑し、昼食を一緒に食べているようだった。

結局、自分はこの農業事業を辞退した。
受動的な参加者は動きが悪く、能動的に働く一部の参加者が損をしていた。
更に率直にいえば、彼らの陰鬱な雰囲気がこちらにまで伝播して労働意欲を挫かれるような気がした。
そして能動的な参加者に対しても理解できなかった。なぜ彼らがここにいるのか、どんな問題を抱えているというのか。彼らのような健全な人間が疎ましくて一般求人ではなくここを選んだというのに、自分達は一緒くたにされてしまった。

自分にふさわしい場所は安易には見つからないのだと学んだ体験だった。

岡山県 天邪鬼

15

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ