投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
働くコト

絶望で無気力な己どう奮い立たせるか苦悩中

ヒキが数々の偏見や差別に耐えながら生きてゆくにも、ひきこもりという被差別身分の人間として真っ当な仕事を得るべく頑張り続けるにも、相当なタフさが必要だと思う。

その源になるのはアドレナリン。自分を奮い立たせる興奮物質。

その為にはまずヒキ自身が、社会に強制されるでもなく自らの自由意思で「生きたい!」と思えるようになる事が必要だと思う。生きたい!と心底から思う為には例えば、夢、希望、趣味、仲間の存在、安らげる居場所。最低でも何か1つ。そうした動機がいずれ就労意欲に繋がる、私はそう思う。

だがせっかくそうして就労意欲が湧いても『13カ月に3日しか休めない』などでは無意味だろう。今のはつい今月記事になった過労死の例だが、ヒキが就くであろうその仕事のせいで、ようやく持ちえた唯一の希望や生き甲斐や夢が絶たれてしまうようであればそれもまた本末転倒な気がする。

勿論、社会・ヒキ双方に妥協は必要だろうが、何の為に生き何の為に働くのか、それを根っこから奪うような選択肢じゃ解決にはならない。仕事を始めてもおそらくすぐに離職だろう。

なのでまずは生き甲斐・生きる動機を。遠回りなようでもそれをまず。趣味でも本格派でもいい。どんなレベルでも誰かと一緒に交流し切磋琢磨し成長を実感する事で達成感・自信をつけ自己肯定感を得、且つそれが自ら見つけ始めた物ならそれは楽しさや生き甲斐にも繋がり自己肯定感にも繋がる

埼玉県 崖っぷちから落下中なう☆

41

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ