投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
悩んでるコト

宗教によって呪縛される引きこもり状態

家が宗教施設。親が宗教家。私自身、物心つく前から信仰を与えられ、数十数年もがいてきた。

日本ではメジャーではない宗教の信仰を与えられて育つということは、他の人達と相当違った感性に仕立て上げられることでもあり、他の子とは全然違う育てられ方をされることでもある。
私は結局信仰を棄てたが、実家にいる以上この宗教の家によって苦しみは悪循環されており、引きこもり状態でいてもいなくてもただただ苦しい。
たとえば外に出て誰かと交流してみても、棄てたとはいえ物心ついた時からずっと習慣にされてしまったこびりついている感性は決して剥がれ切らない。ざわつく、かつての信仰の習慣。
自分が引いてしまえばいいこと、自分が閉じこもればいいこと、黙って犠牲になればいいこと。これが宗教によって醸成されてしまった果ての引きこもり状態。
引きこもり状態になる事と、親が与えた信仰という呪いは、引きこもり状態に陥るには、恐ろしく相性がよかったのだ。

同じような仲間がいないかと探すと、それなりにいはするものの、やはりみんなバラバラに悩むしかない状態のように思える。おおむね無宗教と言える日本において、宗教で悩まされて引きこもり状態にならざるを得ないものは、一体どこに行けばいいのだろうか。
支援さえもキリスト教の信徒の方が信念に基づいてやっていたりする。逃れられない呪縛を感じて踏みとどまる。

埼玉県 王賀茸

26

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ