投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
社会のコト

セクシャルマイノリティについて

 恋愛に公的支援が必要だけど、そういう話ではないのですよね。
 美少女に生まれついたら順風満帆というわけではない。まわりとの競争に勝っても、あの頃の私との戦いが待っている。美しくあり続けるには我慢と努力が必要。
 女に生まれたら良かったと思っているのなら、あるいは男に生まれたら良かったと思っているのなら、一日おきに、女装、男装を繰り返したら、人気者になれるし、女らしい男である自分、あるいは男らしい女である自分、に対する理解も得られると思います。
 男らしく生きるのは難しい。女性しか出来ない仕事もふくめて、ほとんどの仕事は男性中心で回っている。それでも、表に出てくるのは、女性が圧倒的に多い。テレビに出てくる人や、幼稚園、小学校の先生、漫画やアニメも。そういうものの影響を受けて女っぽくなるのは当たり前のことです。
 そもそも集団生活とは女性らしさがなくては成り立たない。男らしさとは、はた迷惑なものです。親や社会は強くあれ、そして逆らうなと言うけれど矛盾しています。
 性的指向と職業生活が、からめる必要のある問題だということが理解出来ない。中身は男の子、中身は女の子の人がいることは、社会的に認知されていると思うけれど、それで仕事とどういう関係があるのか、そのわけが理解出来ない。進んでいる人材の有用性を大多数の人はわかっていない。他ならぬ当人が、とは思う。

神奈川県 七転び

4

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ