投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
自立のコト

ジェネレーションギャップとは

「世代(時代)による文化、価値観、思想などの相違のこと。(Wikipediaより)」

つまり、「違うけどどっちでも問題ない事」を指すんです。「問題があるからやめよう」って事は当てはまらないですよ?

例えば、一昔前は周囲を気にせず煙草を吸う事が当たり前でした。
今、子供(年齢的に)の前で吸えば虐待です。だからって別に昔の親は悪くない。でも、呼吸器に問題を抱えたなら対処法を考えるために原因を探らざるを得ない。親の喫煙が原因だとしても、親を責める訳じゃない。そりゃあ子供だって煙くて嫌だったくらい言うでしょうけど、
「私が煙草をどれだけ吸ったかなんて関係ないし昔の事だ、大体今の子供は運動しないじゃないか、現実を受け入れてこれからの事を考えろ」とか言い出す親が居たらどうです?これ、ジェネレーションギャップですか?

自分の人生を受け入れたいですよ。そのために、何が起こっているか、何が原因か、が知りたいんです。
「わからない」は恐怖を産みます。恐怖は目をつぶし、脚を壊し、全身から力を奪います。何より。わからない事を受け入れるのは不可能。
幼少期の事にこだわるのは犯人捜しではありません。だってそれ意味ないから。なぜかというと、その時期に人生の土台を築いているはずだから。
一歩踏み出す前にまず、足下を確認するのは当然だと思うんですけどね。その足下が暗かったら狼狽して立ちすくしたりもしますよ。

神奈川県 まるー

12

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ