投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
社会のコト

本当に時間がない。

神奈川県取り敢えず、各区役所や公共機関にアルバイトでもひきこもり支援担当専門の精神保健福祉士をおくことが第一。 NPOなんてそこに来た人にしか対応出来ないのだから、役所がまず動く。アルバイトの精神保健福祉士なんて非常勤より安く雇えるわけで、いくらでも予算は作れる。ひきこもり支援はいつの日かその方が働けるようになった日には税金として帰ってくる先行投資なわけで、そんなことも出来ないのなら、役所で福祉関係なんてやめてしまえと心から思う。ひきこもりの方の苦しさは死の苦しみで時間がないのだから。

神奈川県 ななし

8

1つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 あき says:

    ななしさんへ あなたの行政への要望とNPO法人の事は分けて、考えて欲しい。 先日、ニュース番組の中でで名古屋のNPO法人オレンジの会の活動を紹介していた。訪問サービスをする中で30人くらいのひきこもりの人が就労に結びついたそうで、背中を押すことで社会に出れる人も確かにいるのだと思った。うちの子に訪問サービスをお願いしているトカネットもNPO法人でそこで活動している人たちは本当に一生懸命に支援をしてくれているのだから、「NPOなんてそこに来た人にしか対応出来ないのだから」などと、けなすようなけなす発言を本当に辞めて欲しい。NPOをひきあいに出さないで役所に対しての要望だけ書けばいい。それに役所だって、どこの誰がひきこもりか把握するのは、不可能だ。だから、相談に来た人にしか対応しないのは役所とて同じだ。精神保健福祉士をアルバイトで安く雇えというが、資格を取るのにお金もかかっているのに、そういう人たちにアルバイトの低賃金でというのはいかなるものでしょう?支援者はワーキングプア―でいいというのですか?キャリアある人に相応の報酬を払うのは当たり前と私は考えます。

    「いくらでも予算は作れる。」という、そんな風に言える根拠は何ですか?予算を削減している自治体が多く、新規採用を減らしているのが現状です。だから、人数が減った中で業務をこなさなくてはならない公務員も大変なのだと思います。 「そんなことも出来ないのなら、役所で福祉関係なんてやめてしまえと心から思う。」と、こんな暴言を吐かれると、ひきこのりの人達の心証までも悪くするから、辞めてください。役所の人たちだって、日々業務を遂行されてご苦労があるのです。福祉関係というと、ひきこもり問題ばかりではありません。高齢者、障害者、保育所、生活保護、貧困問題などありとあらゆる問題が山のようにあり、役所の方たちは自分にあてられた職務にあたっておられるわけで、第三者が辞めてしまえなどという事ではないのです。それに、役所が辞めて困るのは自分もでしょっていうこと。

    批判的な要望は反感をもたれますから、善処してください的な要望の出し方の方がいいと思います。本音を言えば、役所が動くにしても時間がかかるのです。明日すぐ来てくださいと言っても、現時点でないサービス受けるのは無理なのです。それを、ずっとあてにして待つより、時間がないと言うなら今、ある支援の中で探していくしかないと思います。市の相談窓口に電話するとか若者サポートセンターに行くとかそういうことはしてみたのでしょうか?

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ