投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。
このサイトのコト

発達障害の相談

市の広報誌に発達障害の相談の事が載っていたので、行ってみた。1時間くらい話して、精神福祉士?の方が自宅訪問の約束をしてくれた。あと、病院の紹介。発達障害かどうかは病院で検査をしないことにはわからない。息子に「悩みがあるなら、病院へ行ってみないか?」と言ったら、きれていろいろ壊された。当分、息子と話もできない。気に入らないと物を投げたりするから。今回はファックスとトースターを投げて壊す。夫が会社から疲れて帰ってきたとき、カラーボックスも倒れて家の中はめちゃくちゃ。夫とそれをため息をつきながらかたづける。
家に訪問をしてくれる約束をしたものの、息子にはどうきりだすか。
話は変わるが、このサイトで支援が遅れているなどの声があるが、支援はいろいろあるけど知らないだけではないだろうか。今回、市の広報でこの相談を始めて知り、家に訪問してもらうことが可能となった。皆さんも市の広報をよくみるといいと思う。また、市役所にとりあえす電話して困っていることを伝えれば、対応してくれる施設を紹介してくれると思う。
春になって外はお花もいっぱい咲いています。よい季節になりましたね。そろそろ、外にでませんか?

神奈川県 あき

10

2つのコメントがあります。

  1. 東京都 匿名 says:

    いろいろ書き込みを拝見させていただきましたが…。
    アダルトチルドレンと発達障害の関係性について、、
    決して無関係ではないみたいですよ。

    私も今いろいろ調べているのですが。
    私自身ネットで発達障害の性格の傾向性を指摘されまして、
    自分のことを調べてたのに、家族…両親、祖父母を辿ってみると、
    発達障害の典型例のような性格の人が沢山出てきたり。

    子ども・成人の発達障害についても、
    いろいろと知ることが出来るパイプと言うか、きっかけ、
    沢山欲しいですね^-^

  2. 神奈川県 忘れた says:

    匿名さんへ

    昔の方が、今の時代よりも、いろいろんな人を受容する環境にあったのではないかとも思っています。身障者やハンセン病患者などは厳しい差別にあっていたでしょうが、知的障害にまでいかない発達障害者は、そういう人を指す言葉もなかったでしょうが、それなりにそういう人として扱われ生きられたのではと思います。

    NHKの前の朝の連続ドラマ「ごちそうさん」の主人公の女性は私が思うに発達障害者に見えます。その娘もアスペルガーのように見えました。もちろんフィクションですし、ドラマですから面白おかしくしているのでしょうが。それでもあの時代だから、もちろん私は実際に知りませんが、違和感を感ぜず、もしこの人たちが現代にいたらどうなったのだろうと考えると暗い気持ちになったりします。

    大人で発達障害と分かっても対処がむずかしいのが現状です、なるだけ若いうちに対応すべきですし、できればこういう検査、全児童にして発見して欲しいです。発達障害を認めない親の子どもほど不幸はありません。

    (一部修正)

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント
県・団体からのお知らせ