今回の書評は、いつもとは違ったテイストでお送りします。料理や、観葉植物の本…ひきこもりについての本ではなく、自宅でも始められる趣味の本!趣味はただ楽しむだけでなく、新しい価値観や考え方ももたらしてくれると思います。もし今回のコラム風書評を読んで興味がわいたら、チャレンジしてみてね(^o^)

掃除はきれいにしたいところだけでいい!

手づくり生活111のコツ―家事表紙
手づくり生活111のコツ―家事、モノや住まいとのつきあいが楽しくなる!

荒井章(工作と修理を専門とする著述家)
2005年
山海堂
175ページ

まずご紹介するのは「手づくり生活111のコツ」です。普段の生活にちょっとした工夫をすることで、モノと付き合う楽しさを感じられるというのがこの本のコンセプト。家事が面白くなるヒントだけでなく、パソコンやオーディオなどの趣味の世界、それに電気製品や文房具の扱い方など、幅広く日常生活のジャンルをカバーしているんだね。イラストが入って理解しやすい!

そしてこの本の面白いところは、マイペース推奨なので難しく考えなくていいところ。たとえば掃除の項目では「すべて完璧にしようと思ったら続きません。きれいにしたい場所だけでよいではありませんか」とうれしいお言葉!!ただキレイにするためのコツを教えてくれるのではありません。「掃除の手応えを追求するのも楽しい」との言葉通り、雑巾が汚くなったり、掃除機にホコリの塊がスポッと吸い込まれる瞬間など、そうしたことに充実感があるのではないか、と書いてあるね。なるほど~!なんだか掃除をはじめとした家事が楽しくなりそうです。

育てて食にも生かせるハーブ

ハーブ楽しみ方のポイント表紙
育てて、食べて、心と体に効く ハーブ楽しみ方のポイント60 (コツがわかる本!)

窪田理恵子(ハーブサイエンスアカデミー学長)
2011年
メイツ出版
128ページ

さて、お次に紹介するのは少し専門的にハーブを楽しむための本「Herb 楽しみ方のポイント60」です。ハーブは室内やベランダなど、小さなスペースでも育てられるのが大きな利点。そして種類によっていろいろな効用をもたらすそうだよ。やはり代表的なのはハーブの香り。ローズやラベンダーはリラックス、ローズマリーやバジルは集中力を高める……なんだかサイモン&ガーファンクルの曲の歌詞のようになってきた(^_^;) 他にはハーブティーをつくったり、お風呂に入れるエキスや化粧水、オイルにもできるんだね。もちろん料理にも使えるんだけど、それはまたのちほどご紹介。

ハーブを育てるには室内の温度管理や日々の世話など大変ではあるけれども、それだけに成長する姿を見るのはとても楽しそう。ハーブに限らず、野菜や草花も同じだね。見た目や香りで癒やされるだけでなく、自分に合った用途を考えるのも栽培の楽しみの一つ。この本は初心者に分かりやすいだけでなく、カラー写真やイラストがとても見やすいね。栽培に必要な道具もすぐに理解できるし、ハーブを楽しむ方法もたくさん書いてあります。サブタイトルの通り「育てて、食べて、心と体に効く」ことを気軽に、そして素敵に紹介しています。

料理といえば、もこみちさん!!

モコズキッチン表紙
MOCO'Sキッチン (日テレBOOKS)

速水もこみち
2011年
日テレBOOKS
112ページ

さて、ハーブを育てたなら、やっぱり料理に使いたい。ハーブを使った料理がたくさん載っている本は……はっ、これは……!朝の情報番組の人気コーナー「MOCO’Sキッチン」です!俳優の速水もこみちさんがいろいろな料理を実際につくり紹介してくれている人気コーナーですね。オリーブオイルをこれでもかとばかりにぶち込む勇姿が、インターネットでも話題になっています\(^o^)/ カッコイイだけでなく、ちょっと天然ぽいところももこみち人気の秘訣かな(^^)

というわけで、年齢=調理なし歴のわたくしこゆるぎが、実際に本を見ながら作ってみました。 中華風スープのページ

メキシカンライスのページ
「メキシカンライス」と「ふんわり玉子とプチトマトの中華風スープ」をチョイス!果たしてどうなる……。

具材
とりあえず、家にない食材をお買い上げ。ちょっと高い食材は他で代用するなどして、一つのスーパーで全部揃えました。

切った具材
初心者のため2つ同時に作れないので、ご飯を炊いている間にスープから。具材の処理と調味料を手元に置き、鍋にぶち込む準備はオーケー(`・ω・´)

鍋で煮ているところ
本の通りに進めていたら……意外と見た目はイケそう!?

肉の下味
ご飯が炊けたので、今度はメキシカンライス。お肉と野菜に下味をつけていると、なんか料理やってるなーって気がしてきます。

フライパンで焼いているところ
炒めると下味に使ったスパイスが香ばしく厨房に漂う……

料理が完成
最後にメキシカンライスにはハーブを乗せて完成!!おぉ、我ながらいい出来……(T_T)

完食して空っぽのお皿
味も自分好みの薄味に調整した甲斐あって、美味しくできました!ごちそうさま。料理って面白いね。自分でつくるといつもより美味しく感じるよ。新しいことを始めるのは楽しいね!他のタイプの料理もつくりたくなります(^o^)

風流がある趣味、盆栽

小さな盆栽の作り方育て方表紙
だれでもできる 小さな盆栽の作り方・育て方

山田香織(盆栽家)
2011年
家の光協会
88ページ

さて、最後にもう一つご紹介。最近若い人の間でも密かなブームになりつつある盆栽の本「だれでもできる 小さな盆栽の作り方・育て方」です。カツオくんが野球をしていると必ず壊すことで有名な盆栽ですが、見た目にこだわり抜くため育て方や手入れも一苦労するそうです。細かい作業が得意な人には向いているのではないかな?

今回は趣味や生活に関する本を4冊紹介しました。ちょっとしたことで気持ちを豊かにするチャンスが、身の回りにはたくさんあるんだなぁ。今回は料理を実践してみたけど、自分でできることの可能性がとても広がった気がするよ。皆さんも気になるものがあったら、本を手にとって試してみてね(^o^)

「読んでみた。」の最新記事

ひきこもり本マイスター

星こゆるぎ

こゆるぎが書いてます。
おすすめ本があったら、投稿コーナーから教えてくださいね。