投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。

行政に、市民のために ありません

冷静にいいます。「困ってます」いうようにと以前、住んでる市の保健所に、通ってる主治医に指示されていきました。保健所職員は、「困ったらきてください」と言われました。3回言い方を、変えても同じ対応です。それを、医師に言うと、その役所は(続きを読む) ...

もっと読む

【講演会】『よかれ』という親ごころ-泉谷閑示先生に訊いてみた。

2016年7月3日(日)、神奈川県立青少年センター青少年サポートプラザにて、精神科医/作曲家の泉谷閑示先生による講演会「『よかれ』という親ごころ~ひきこもりから親子関係を考える~」(主催:ヒッキーネット 共催:神奈川県立青少年セン(続きを読む) ...

もっと読む

発達障害が発覚しました

引きこもり・ニートの中には、生まれつき発達障害や軽い知的障害を持っていて、知らないまま大人になったケースが少なくないと言われてます。 私も、最初は鬱状態のほうで精神科に通っていましたが、診察を重ねていくうちに、発達障害が判明。。。(続きを読む) ...

もっと読む

「仮面ひきこもり」を読んでみた。

仮面ひきこもり あなたのまわりにもいる「第2のひきこもり」 (角川oneテーマ21) 服部雄一 2014年 角川書店 194ページ 仮面ひきこもりは「潜在的ひきこもり」 これまで「言ってみた。」で取り上げてきた書評を見ると、ひきこ(続きを読む) ...

もっと読む

【講演会】「学校に行かない子どもとどうつき合うか」

社会通念で生きてきた親にとって、学校に行かない子どもとどう接したらいいか? あの手、この手・・・試行錯誤の日々ではないでしょうか? 今回、不登校相談のスペシャリストである講師が、からまった糸を1つ1つひもといていきます。 外に出る(続きを読む) ...

もっと読む

発達障害

息子の机の上に発達障害の本が2冊あった。自分でも他人と違うと感じたのだと思った。本を読んでみるとアスペルガーの症状にそっくりだ。自己中心的。偏食。ネットやテレビゲームにはまりやすい。片づけが出来ない。うつを併発しやすい。ひきこもり(続きを読む) ...

もっと読む

なんということでしょう。

 ここも外の世界ですよ。まるで子どもたちだけが隔離された島のような世界。大人たちはどこにいるのでしょう。私たち子ども(立場上)が引きこもりなのでしょうか。それとも大人たちが引きこもりなのでしょうか。  島の外を見てきた探索者は言い(続きを読む) ...

もっと読む

RE・頭がお花畑

公的機関は、個人の要望をすぐに叶えてくれる制度がない。息子が不登校になったとき相談する施設に行ったけど、こちらが状況を説明しいくつかアドバイスはしてくれるが、そのアドバイスもピンと来るものでなく、とにかくうちにきて「息子の会って欲(続きを読む) ...

もっと読む

神奈川県の意見さんへ

「センターの方々は甘すぎます。」これは、意見でなく公務員批判です。センターで働いている方は日々、その人その人に与えられた仕事をしてます。仕事をしている人の苦労もわからないのに、甘いって言うのはは辞めた方がいいです。 こういう投稿は(続きを読む) ...

もっと読む

絶望的なひきこもりを読んで

「日々死を考え、絶望している人を自然に病院へ誘える人」、そんな人っているんですか?もし、精神科へ連れていく必要があるなら、それは親が救急要請をして、無理にでも連れていくべきです。たいてい本人は嫌がりますよね? 私も悩みます。ときど(続きを読む) ...

もっと読む
« 古い記事へ