投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。

若者サポートセンターを県央に

引きこもりの支援は横浜、川崎、小田原、相模原などがすすんでいる。私は県央に住んでいる。どこに行くのも遠いのです。私自身は、横浜や小田原にだいぶ行ったけど、子供にはちょっと行っておいでと言える距離じゃない。交通の便のいい海老名(相鉄(続きを読む) ...

もっと読む

ひきこもりと歯医者と現実

多少の痛みならは耐えることができていたものの、左右最も重要な歯が欠けてしまうと、一噛みするごとに物が詰まりまともに肉や野菜も食べることもできず、リスの真似をしてみたものの前歯だけでは、到底むりで、白旗上げて、親が受診していることも(続きを読む) ...

もっと読む

なんということでしょう。

 ここも外の世界ですよ。まるで子どもたちだけが隔離された島のような世界。大人たちはどこにいるのでしょう。私たち子ども(立場上)が引きこもりなのでしょうか。それとも大人たちが引きこもりなのでしょうか。  島の外を見てきた探索者は言い(続きを読む) ...

もっと読む

支援情報をまとめてみた。【就業関連編】

皆さん、こんにちは!ひき☆スタへの投稿に寄せられた声をまとめる、この「まとめてみた。」、今回は度々話題に上っている公的支援などの各種支援情報について、2回にわたってまとめていきたいと思います。 今日もお相手はこの方! どうも、こゆ(続きを読む) ...

もっと読む

「外の世界に出たい。」は出る時期が来た。

10年引きこもっていた方で、働き出した例を2つ知っています。一人の方は、大学受験失敗から引きこもって、若者サポートステーションに通って、面接の受け答えなど習ってバイトに応募して製造業に採用された人。もう一人は、精神科に通い精神障碍(続きを読む) ...

もっと読む

ひきこもり当人同士のネット上での交流

タイトルに書いたままですが、当人同士での交流の場を作る事は出来ませ んか? リアルでサポステに参加して交流する程の勇気は無い、あくまでネット上でだけ会話したい人用に。 投稿のように全員に公開される方法では無く、いわゆるメル友のよう(続きを読む) ...

もっと読む

27日に親対象の講演会に行ってきた。

親に対するアドバイスは子供の話を向かい合って聞くこと。うなずいたり、ほめたり。認めてもらい気持ちが強いということ。そういえば、以前、東京の親の会で、元ひきの人が親と離れて暮らしていたのだが、地震のとき無事を確認する電話があって「生(続きを読む) ...

もっと読む

相談出来ない

サポステに行っても、パソコンの練習と、5日のジョブトレなどセミナーをしただけで人との接し方や、職場などの人間関係など苦手な事の解決法の練習などはなかった。これからどうすればいいのか、相談も出来ずに終わりました。公共の支援に行っても(続きを読む) ...

もっと読む

【団体インタビュー】子どもと生活文化協会(CLCA)で訊いてみた。

<CLCA元代表・和田重宏顧問> NPO法人「子供と生活文化協会(略称、CLCA)」は、今年度より厚生労働省と神奈川県との協働事業として「県西部地域若者サポートステーション」を開設しています(小田原市城山1)。このサポートステーシ(続きを読む) ...

もっと読む

非現実的な励ましより個々に合った職を!

「大丈夫」「なんとかなる」「頑張りましょ♪」とか、俺はそういう根拠なき安心が欲しいわけじゃないので、そういうただ優しい言葉がただ欲しいわけじゃないので、サポステで「ひきこもりの受け入れを表明する会社」を紹介してくれない以上、サポス(続きを読む) ...

もっと読む
« 古い記事へ新しい記事へ »