投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。

大人のひきこもり

池上正樹 著 ひきこもりを調べているジャーナリストの本です。 いろんなひきこもりの事例が出てきて、彼らが何を考えているかもだいたい書かれていますので共感できることもあるかと思います。 一応、自分たちの考えていることが活字化され、世(続きを読む) ...

もっと読む

「「ひきこもり」経験の社会学」を読んでみた。

「ひきこもり」経験の社会学 関水徹平 2016年 左右社 371ページ 主題はひきこもり当事者が語る「経験」=「言葉」 どーもこゆるぎです!久しぶりに書評書きましたよ~(^O^) 今回紹介するのは、2016年10月に発刊された「ひ(続きを読む) ...

もっと読む

なぜこんなに生きにくいのか 禅僧南直哉

2008年11月25日発行 本書はこの生きがたい人生をいかに生きるか、私なりに考えたことを語った本です。私は宗教を「生きるテクニック」だと思っています。 中でも仏教の教えが私たちの日常生活に適用して意味があるとすれば、それは社会の(続きを読む) ...

もっと読む

【書評投稿】人生はドンマイドンマイ

美輪明宏が読者の悩みに答える本です。 家庭内不和、仕事、お金、同性愛、容姿、恋愛、いろんな悩みが出てきます。 ひきこもりではない”外”の人達はこういうことで悩んでいるのか、と勉強になるし、結局、外も内も地続きで”つながり”を感じら(続きを読む) ...

もっと読む

【書評投稿】モラル・ハラスメントの心理構造

副題・見せかけの愛で相手を苦しめる人 著者・加藤 諦三 面と向かって、罵倒するタイプとは違う、巧妙なモラル・ハラスメントです。読んでいて心が痛くなりました。事情はさまざまですが、引きこもってしまう人間はこういうモラル・ハラスメント(続きを読む) ...

もっと読む

「読んでみた。」コーナーについて

ひきこもり生活に入ってからちょくちょく本を読んできて(広い意味でひきこもりと関係して)良い本が何冊かあった。僕はそれらをとてもシェアしたいが今のシステムではこゆるぎさんが既に書いたものしかダメということで投稿できないようになってい(続きを読む) ...

もっと読む