投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね!
すずのTwitterだよ。

【講演会】『よかれ』という親ごころ-泉谷閑示先生に訊いてみた。

2016年7月3日(日)、神奈川県立青少年センター青少年サポートプラザにて、精神科医/作曲家の泉谷閑示先生による講演会「『よかれ』という親ごころ~ひきこもりから親子関係を考える~」(主催:ヒッキーネット 共催:神奈川県立青少年セン(続きを読む) ...

もっと読む

発達障害が発覚しました

引きこもり・ニートの中には、生まれつき発達障害や軽い知的障害を持っていて、知らないまま大人になったケースが少なくないと言われてます。 私も、最初は鬱状態のほうで精神科に通っていましたが、診察を重ねていくうちに、発達障害が判明。。。(続きを読む) ...

もっと読む

心療内科

現在も悩みがあり定期的に心療内科に通ってます。 初めての時は割と細かく相談する時間はありましたが、その後は「最近の様子」「食欲」「睡眠」の調子を聴いてから今回の処方する薬を決めて終わるパターンになってます。その間5分足らず。 他に(続きを読む) ...

もっと読む

「文庫こころのクリニック」関口宏先生に訊いてみた。

横浜でカウンセリングルーム「文庫こころとからだの相談室」を開設、その後「文庫こころのクリニック」の院長となられ、ひきこもりを考える市民ネットワークの呼びかけ人でもある精神科医の関口宏先生に、ひきこもりの心理と親の対応の基本原則など(続きを読む) ...

もっと読む

ひきこもりは気分か精神疾患か

ひきこもりは精神疾患によるものなのか、 それとも気分、性格、能力によるものなの だろうか。 1~2年なら気分なのかもしれませんが、10年以上となると何かの病気なような気がします。 診察する機関や制度などは聞いたことがありませんが、(続きを読む) ...

もっと読む

身体強くしたい~!

自分は目眩が凄くて周りの人にギョッとされたりしたので 、後、直ぐ息切れするから、汗を掻くし、その様な状態から脱したいです。疲れ易いから仕事も出来ないです。とにかく健康だった学生さんの頃にはならないとしても、年齢なりに楽になる様にし(続きを読む) ...

もっと読む

「仮面ひきこもり」を読んでみた。

仮面ひきこもり あなたのまわりにもいる「第2のひきこもり」 (角川oneテーマ21) 服部雄一 2014年 角川書店 194ページ 仮面ひきこもりは「潜在的ひきこもり」 これまで「言ってみた。」で取り上げてきた書評を見ると、ひきこ(続きを読む) ...

もっと読む

22日の講座に行ってきた。

●●クリニックの●●先生 という精神科医師。 うつと診断された人を血液検査をしてみると、鉄、ビタミンB、マグネシュウム、亜鉛などが不足して、体調を崩していて気力の出ない人も多いらしい。貧血とうつの症状はにていて、貧血と知らずに抗鬱(続きを読む) ...

もっと読む

「学校過労死-不登校状態の子供の身体には何が起こっているか-」を読んでみた。

学校過労死―不登校状態の子供の身体には何が起こっているか 三池輝久(熊本大学医学部 小児発達学教室教授) 友田明美(熊本大学医学部 小児発達学教室) 1994年 診断と治療社 131ページ 医学的に「不登校状態」を分析する 今回は(続きを読む) ...

もっと読む

「ひきこもりがなおるとき」を読んでみた。

「ひきこもり」がなおるとき (講談社プラスアルファ新書) 磯部潮 講談社+α新書 2004年 203ページ 臨床心理から、ひきこもりの「なおしかた」を考える 医学博士、そして臨床心理士である著者が、自身の専門分野から「ひきこもりと(続きを読む) ...

もっと読む
« 古い記事へ