概要

不登校・ひきこもり(おとな)のことで最初に相談するのは本人より親御さん。だから親御さんに理解と適切な対応を促すことができる相談や家族会のスキルを学ぶ場が必要です。

 そこで、不登校・ひきこもりを専門とする相談機関「ヒューマン・スタジオ」が、相談業務18年と家族会業務14年の実践を通じて確立してきた本人の心理への理解の仕方、そして家族支援の基本的な理念とスキルを伝える連続講座の4年目を開講しました。

 定員6名という少人数で、講義だけでなくワークやロールプレイなど受講者参加型の内容です。不登校やひきこもりへの相談や家族会に関係している方または関係したい方はもとより、ほかにも関心ある方なら、どなたでも1回だけでも受講できます。

 今回は通年受講の方に欠席者が出たため、その方の補講を行うにあたって1回限定で受講してくださる方の募集です。講義と数人で話し合うワークを通じて、不登校・ひきこもり理解を深めてみませんか。

【第1回『不登校・ひきこもりの意味と心理を考えよう』】
 「不登校/ひきこもり状態とは何か」の認識によって、ご家族など周囲の対応はまったく違ってきます。そこで、本人の心理を伝える講義を聴いたうえで、グループで不登校/ひきこもり状態ならではの言動を出し合い分類するワークを行い、不登校・ひきこもり本人への理解を深めます。

※ZOOMを使用して行いますので、受講資格はZOOMを使用できる方のみです。
※講座全体の概要はPeatixをお調べいただくか案内書をご請求ください。
※演習(ワーク、ロールプレイ)中はビデオをミュートすることを禁じます。ミュートしたい方は受講いただけません。

【進行と講義:丸山康彦】
 不登校のため高校を7年かかって卒業。大学卒業後、高校講師1年、ひきこもり7年を経て、1999年から対人援助の研修と不登校支援活動に参加。2001年10月にヒューマン・スタジオを設立し2003年度から不登校・ひきこもり相談に専念。現在「藤沢市社会福祉協議会」のアドバイザーなど幅広く活動。著書『不登校・ひきこもりが終わるとき』は累計1万部発行。講演多数。



会場

オンライン(ZOOM)



参加費

一般 3,300円
※当事者経験者の方は受講料が違いますので下記宛メールでお申込みください。



募集人数

3名(すでに補講の受講が決まっている方を除く)



主催

ヒューマン・スタジオ



お申込み、お問合せ

下記のURL(Peatix)よりチケットを購入する
https://hustaseminar2021-1.peatix.com/?fbclid=IwAR2f7FflTIUk4Jpzt-YPIGsBCR83tz1gaEUfQcaoUAUnG_d_wIN5KhGUqzI

お問合せ先:
husta.maru@gmail.com(@を小文字に変えて送信ください)



情報源

Peatix イベントページ
https://hustaseminar2021-1.peatix.com/?fbclid=IwAR2f7FflTIUk4Jpzt-YPIGsBCR83tz1gaEUfQcaoUAUnG_d_wIN5KhGUqzI

ヒューマン・スタジオ ブログ
https://blog.goo.ne.jp/husta/e/641673d3a4e67a1460e8e45613238417



「県・団体によるイベント」の最新記事