投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
このサイトのコト

不登校・ひきこもり親子支援の講演会 への新しいコメント


https://hkst.gr.jp/events/15729/

ゲームが好きでプロゲーマーになりたい人だっていると思う『依存』とは失礼ですね

無業者ちゃん漫遊記(投稿日:2018年2月1日)

0

5つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 れもん says:

    無業者ちゃん漫遊記さん こんにちは。

    リンク先(https://hkst.gr.jp/events/15729/)にパンフレットがありますが、
    第2部の対談する人のプロフに

    「ゲームで日本一の記録を持ち、
    培ったゲーム上達的思考法をもとにひきこもりから回復」という
    記載がありますが、
    もしかしたら、
    「ゲーム依存ガー」と語るだけの
    不毛な講演というわけではなかったのかもしれないですね。
    実際に参加した人がいましたら、
    ひきスタスタッフの方でもいいので、
    どのような内容か報告があるといいのですが…。

    日本では、
    まだプロゲーマーの環境が充分に整っていないものの、
    海外では、すでにプロゲーマーで億単位で稼いでいる人がいますね。
    eスポーツの分野が、
    2024年のパリ五輪で五輪種目として検討しているんだとか。
    ワールドビジネスサテライト(TV東京系列の経済ニュース番組)でも
    取り上げられていました。

    ネットでは、良くも悪くもYouTuberが有名になってきましたね。
    YouTuberを育成する子供向けのスクールまで出てきました。
    子供の習い事でここ最近、人気が急上昇しているのは
    プログラミング教室ですね。

    プロゲーマーは環境整備の問題など、
    YouTuberはモラルの問題など課題はまだたくさんありますし、
    成功を掴めるのは一握りと言われています。

    賛否はあるものの、
    ひきこもりだけではなく、
    あらゆる人にこういう生き方の選択肢があるということが、
    今後は認知されていくのかもしれませんね。

    (関連記事)
    国内プロゲーマー15名が誕生 eスポーツが“本気”で目指す
    五輪種目化、その課題と現実
    2018-02-12

    https://www.oricon.co.jp/special/50755/

  2. 神奈川県 ペンネーム[し] says:

    (編集部より)
    NPO法人 ぜんしん様より、本イベントの参加者の感想をいただきましたので、ご紹介します。

    講演会は、3部制で、第1部は、講師の加藤氏が、
    主に保護者に向けてメッセージを送っていたと思います。
    「完全な親なんていない」、「見守り、頼まれたことはやり、

    出来ないことはごめんね!」といったお話や
    子どもに対し、「今、どんなきもち?を察してあげること」や
    「求めてくるものは答えて、求めてないことはしない」等に
    加藤氏がこれまでのご経験を踏まえ、語られていました。

    第2部は、加藤氏と主催団体の代表である柳川氏も加わり、
    ゲームやパソコン(ネット)依存に陥り、不登校・ひきこもりに悩む当事者親子へ
    ゲーム依存の改善に向けたヒントについて語り合っていました。
    「親と子どもにおける感覚の違い」、「ゲームを取り上げず、
    子どもと接する考え方」等の話が出てました。
    ゲーム・ネットを取り巻く環境を理解した上で、どのよう向き合うか等、
    親子の立場から具体的に話されていたと思います。

    第3部は、会場の方から受けた4、5名程度の質問に対して、
    加藤氏と柳川氏が回答を行っていました。

    以上の流れだったと記憶しています。
    感想としては、自分がしてきたことは見守りであり、
    受け入れて、関心を持って、求めてくるものに応え、
    ダメなときは「ごめんなさい」をしてきました。
    すごく頑張ってきたことはよかったんだと確認できてうれしかったです。
    ゲームをすることを否定したり、取り上げたりするのではなく、
    現実逃避だけど、そうしないと生きていかれない状態を理解し、
    よりそってあげることが大切だと思いました。

    以上です。

  3. 東京都 東上☆空木52 says:

    プロゲーマーとゲームプログラマは、別の技術。

  4. 神奈川県 れもん says:

    東上☆空木52 さん こんばんは。

    Youtuberのスクールやプログラミングの教室については
    話題程度に出しただけなのですが、

    読む人によっては、
    プログラミング教室をプロゲーマーを育成するところと
    勘違いさせるような
    誤解に繋がってしまう箇所が
    あったかもしれませんね。
    すみませんでした。
    補足ありがとうございます。

    念のために私からも補足を載せますね。
    たぶんこれで大丈夫かな。

    ☆プロゲーマー
    ゲームをすることで報酬を受け取る人、
    ゲームのプレイで技術を競う人(ゲームプレイヤー)
    ちなみに、(No.1)のコメントでは書いていませんが、
    プロゲーマーを育成する専門学校が既にあるんですね。

    ☆プログラマ
    プログラミング技術のある人、
    コンピューターのプログラムを作成する人。
    (ゲームプログラマはゲームを動かすプログラムを作成する人、
    ゲームの作り手側の人)

  5. 東京都 東上☆空木52 says:

    >YouTuber を育成する子供向けのスクールまで出てきました。

    https://king.mineo.jp/magazines/special/795
    YouTuber を育成する学校が誕生! 現代っ子の習いごとの定番に? – マイネ王(ja)

    YouTuber を育成する子供向けのスクールの一例です。

最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント