投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
悩んでるコト

自立出来ない

専門学校を中退して以降、僕の引きこもり生活がスタートした。
元々人付き合いが得意ではなかった。
僕は、長年のひきこもり生活で視力がものすごく悪くなり、また体重が50キロ増え、さらにパニック発作から来る不安障害も発症してしまいました。

また、ひきこもり生活から抜け出したいと思い
何回かアルバイトで働いたが、どの仕事も基礎
から教えてくれる所などなく長く続かなっかった。(中途採用の闇)

そんなこんなで、もがき苦しんでたら、18歳でひきこもってから、気が付いたら10年以上時がたち、33歳のおっさんになっていた。

今はまた引きこもり中だが正直新しい仕事先を探すのにもう疲れてしまった。

自分の住んでる所で3か所くらい支援団体を尋ねたが、どこも結局は自分でなんとかしてで、
結局どの支援も意味がなかった。

もちろん自分にも悪い所はある。
免許も持ってないしいろんな資格もない。

どなたかひきこもり生活から自立した人がいるのであればぜひお話を聞かせてほしいです。

また、何かアドバイスなどいただけたら幸いです。

長々と書きましたがここまで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

神奈川県 惑星(投稿日:2018年8月19日)

28

9つのコメントがあります。

  1. 福岡県 パパンダ says:

    介護はどうでしょうか?
    女性はセクハラに遭うので、男性の介護士は重宝されます。
    職場の皆様から喜ばれること請け合いです。
    未経験であっても、とにかく人手が足りません。
    まだ33歳ですから、全然大丈夫ですよ。
    落ちた体力も増えた体重も仕事をしていれば、元に戻ります。
    無資格だと不安だとおっしゃるなら、神奈川県内で開催されている介護職員初任者研修を受けてみたらいかがでしょうか?

  2. 神奈川県 huji says:

    元引きこもりです

    いろいろ悩んでいると思うけど
    できることから始めていけばいいと思う

  3. 千葉県 名無しの豚 says:

    凄く似ていて思わずコメントしてしまいました。

    私も10年以上無職です。
    父の介護を長年していましたが、10年の期間介護をしていたっていう理由は理由にならないと言われました(入退院繰り返して生死彷徨うくらいの人だったので本当に大変な介護だったんですけどね…)。
    ちなみに現在35歳です。
    年齢的にもう就職は諦めています。

    親が精神科を毛嫌いしているので診断を得てはいませんが、自分の中では社交不安障害と発達障害(LD)があるのではと思っています。
    学生時代は場面緘黙症と言うのもありました。

    私も免許もないし、使える資格もありません。
    勿論、自分自身が悪いのもわかっていますが、何処に相談にいっても解決に繋がるような事を教えてくれません。

    前に一人暮しをしたらどうかと言われた事もありますが、父が亡くなり片親になった今、そんなお金はありません。
    ぶっちゃけ精神科に行き診断書を貰うお金もないくらいです。
    田舎なので交通費ばかり無駄に掛かります。

    変な話、バイト紹介付きのシェアハウス的な物があったらなぁなんて漠然と考えてしまいます。
    中間就労と言う、引きこもり向けの支援はありますが、徐々に段階を踏んでいく物なので直ぐに給料を得たい自分には合いませんでした。

    中々仲間が居ないので一緒に頑張りたいくらいです。

  4. 埼玉県 先輩ひっきー says:

    33歳なんてまだまだ若いじゃないですか
    可能性がまだまだ溢れてる年齢だと思います
    もっとも、日本社会はそうは思ってくれていないようですが…
    結局、この国の世論や価値観が可能性を潰してるんですよね

    国家的な支援によってひきこもりにも希望が持てる状況を与えてくれさえすれば、やる気を取り戻し希望を取り戻し、ひきこもりではない人間以上に頑張れるようになる人も大勢いるのでは?と思ったりもします

    希望がないから頑張れない
    頑張ろうにも希望がどこにもない
    学ぼうにも資金がない
    何をどう学べば社会復帰や人生取り戻しにつながるのか見当もつかない
    そもそも、生きたい、とすら思えていないので生きる為に仕事しろと言われても全く響かない

    ひきこもりが抱えるこうした問題について社会はもう何十年も、知るかボケ、てめえでどうにかしろ、というスタンスで突っぱねてきてますからね

    なので今ではもう、自力で何かを学んで自力で起業するのが一番マシなのでは?と最近では思ってます。

    就職は無理です。出来るとしてもブラック企業だけだと思います。そんなとこで働いてもまともな人生は歩めません。そして、人としてまともな人生すら歩めないのであれば生きる意味もないと思います。生きる意味がないのなら、生きる為に働く、という理屈も崩壊します

    働くなら、楽しく幸せに生きる為、でなければ、苦しくて辛い日々の労働には到底耐えきれるものではないでしょう

    なので、就職は非現実的。となればもう、自分の個性を、尖るほどに育てて、その個性で起業し自営するしかない。難しくても、他に道はないのではないかと

    あるいは自分の人生の幸福をすっぱり諦めて、ただ御国のために社畜・奴隷になる運命を受け入れるか、そのどちらかだと私は思います

  5. 東京都 東上☆空木53 says:

    もう、医療に関わっているかもしれませんが、 体重が 50kg 増えた時点で、医者にかかるべきでした。

  6. 神奈川県 惑星 says:

    パパンダさん、この度はコメントしていただきまして、
    誠にありがとうございます。

    介護職ですか。
    真剣に考えてみたいと思います。

    この度は、真剣なアドバイスをしていただきまして、
    誠にありがとうございました。

  7. 無業者ちゃん漫遊記 says:

    所謂自立とやらをしても今より不幸になってしまったら意味が無いと思いますので、仕事選びは焦らずに内容や待遇などよく吟味した方が良いと思います…働く事で不幸になってしまう職種・職場もありますからね

  8. 神奈川県 mugenkoutai says:

    初めまして。

    2度ほど引きこもり、今はどうにか社会人をやっているものです。

    ひきこもりを抜け出る際に気をつけるべきことですが、自分を過信しないことではないかと思います。

    世の中では、弱点を克服しろ、とか、壁を乗り越えることで成長する、などとまことしやかに言われることがあります。

    そして実際に、弱点を克服したり、壁を乗り越えて成長できるタイプの人間もおそらく存在するのでしょう。

    しかし、少なくとも私は、覚えている限り弱点を克服できたためしがありません。

    むしろ、同じ状況におちいれば、何度でも、これでもかというくらい、同じパターンで失敗します。

    弱点を克服することが難しいならば、自分が苦手な状況を把握し、そういう状況を回避するのもやむを得ないと思います。

    または、苦手な状況で失敗しても、深刻な結果をもたらさないよう環境を整えることもできるかもしれません。

    まずは、これまでの失敗を振り返り、自分にとってダメな状況を把握し、そういう状況が起きにくそうな道を探してみてはいかがでしょうか。

    例えば、夜型で朝起きるのが苦手なら深夜のバイトをすればいい、みたいな感じです。

    また、引きこもり支援を受けるのが難しく、自力でいくなら、バイトは最初のステップとしては最も有力ではないかと思います。

    失敗したらどんどん辞められるので、決まった時間に出勤して、決まった時間働けるか、挨拶や報連相など、最低限のコミュニケーションをこなして大きなトラブルを起こさずに他人と仕事ができるか、など基本的な事が出来ることを確認して自信をつけることは必要だと思います。

    ただ、バイトは一生続けるものではないので、金をもらいながらするリハビリと割り切って、時間や労力をつぎ込みすぎず、他のことをする余裕を残すことも重要だと思います。

    また、膝や腰の故障には特に注意が必要でしょう。

    バイトごとき(と思っておいたほうがいい)で、一生繰り返すような故障を抱えるのは馬鹿らしいので、しゃがんだり、荷物を持ったりすることが多い所は避けたほうが無難だと思います。

    先の話かもしれませんが、就職を楽にし、収入を上げるという意味で、介護に限らず、職業訓練や専門学校での再訓練は有効性は高いでしょう。

    ネットでも、学生の年齢や、就職実績を公表している所も多く、30代、40代でも問題ない分野もあります。

    ネットで公表していないところも問い合わせれば、就職状況は教えてくれると思います。

    ただし、周囲の学生と年齢差があるので、以前中退された時にもましてかなりな茨の道であることは間違いないでしょう。

    相当な覚悟が必要な選択で、とにかく突破できれば就職はできるので、最後の手段というところでしょうか。

    決めつけるように色々書いてしまった上で矛盾するようですが、就職にしろ、それ以外の道にしろ、自分が進む道は自分で考えて自分で決めることが一番大切ではないかと思います。

    どの道に進むにしろ、我々のようなタイプの場合、なにごともなく順調に行くということはまずなく、どこかでうまくいかず、追い込まれる可能性は高いわけです。

    追い込まれた際に、ここを乗り越えれば、自分の人生をよくできる、目指したあそこまで行ける、と思えるかどうかが、もう一歩頑張れるか、みっともなくあがけるかを決めるのではないかと思います。

    どのような道を選ばれるにせよ、惑星さんがよりよい人生を歩まれることをお祈りしております。

  9. 神奈川県 惑星 says:

    皆さんコメントしていただいて、誠にありがとうございます。

    今の自分も中々ひきこもりから抜け出せずに、苦しいのですが、
    何とか前を向いて歩いていきたいと思います。

    皆さんのアドバイスや体験談等、コメントしてくださいまして、
    誠にありがとうございました。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント