投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
働くコト

履歴書の問題

単純な質問なんですが、ニートや引きこもりで前職との空白期間が長い方は履歴書と言うか職務経歴書はどうされていますか?

自分は数えていないのではっきり解らないんですが恐らく12年以上は履歴書に書けるような仕事に就いていません。 親の介護と日払いや夜職とかしてました。

嘘をつかず素直に真っ白のまま出せとか良く言われますが、それで面接時どんな事を言われるのか恐くて仕方ないし、自分は、30過ぎているので人によっては説教してくる人も居るかもしれない。
嘘を書いても源泉徴収を出せと言われたらバレる可能性が高いのは解っていますが、それでもやっぱり正直な物を書いた履歴書を出すのが恐いです。

それに精神科に行けるお金がないので診断を得てはいませんが精神疾患もあります。
田舎で交通費が掛かるので、受かるまで何度も色んな所を受けに行ける程のお金もありません。

何かこの一番の問題点をサポートしてくれる所って中々ない気がして本当にどうしたら良いのかわかりません。

皆さんはどうしていますか?

千葉県 悩む豚(投稿日:2018年9月29日)

2

3つのコメントがあります。

  1. 千葉県 悩む豚 says:

    やっと載せてくれた……
    他のは直ぐ載るのに…

  2. 神奈川県 惑星 says:

    こんにちは。

    私も30過ぎていますが、未だに自立出来てない者です。
    今回はあくまでですが、私の体験談をお話させていただきます。

    私は今までアルバイトでしか働いたことがないので、
    アルバイトの面接前提で、お話をさせていただきます。

    例えば私は高校生の時に1週間だけ大工で働いた事があるのですが、
    面接で履歴書を出すときに大工で5年働いてましたと書いています。
    あとは、わずか1月しか働いていないスーパーの鮮魚で3年働いて
    いましたとか、書いて履歴書をなるべく埋めています。

    勿論あまり嘘はいけない事かもしれませんが、嘘も方便です。
    アルバイトの面接であるなら、このやり方でも採用してくれる所は
    割とあると思います。

    例えば介護の経験があるのなら介護の会社で5から10年働いてたとか、
    あとは、日払いや夜職の経験があるのならそれを3から5年働いてたとかして、
    ある程度、僕なら履歴書を埋めてしまいますね。

    正直、12年間何も働いてませんでしたと、履歴書を出す方が多分
    面接官に色々と突っ込まれる気がします。
    なので、あくまで私のやり方ですが、履歴書をある程度埋めて、
    あとは、こう聞かれたこう言い返すとゆうように、頭の中である程度
    シュミレーションするのも大事かと思います。

    あとは、場数を踏んで行けば自然と面接に慣れて来ると思います。

    あと、面接官も正直いろんなタイプがいて例えば、過去の職歴を見て
    色々聴いてくる嫌な面接官もいれば、2・3分履歴書を見て何も言わずに
    そのまま会社の説明に入る面接官もいるので、こればかりはどんな面接官に
    当たるかはまさに運しだいだと思います。

    長々と書きましたがこれはあくまで私のやり方ですので、1人の体験談として
    読んでいただけたら幸いです。

    お互い色々と人生きついと思いますが、私は影ながら悩む豚さんの事を
    応援しています。

  3. 神奈川県 yoshi says:

    履歴書の問題は最大の難関ですよね…。
    空白期間に関しては、知人のお店(自営業)の手伝いであったり、資格の勉強、親の介護などを答える方が多いみたいですね。
    私の場合は知人のお店の手伝い(飲食店)と資格の勉強(簿記、TOEIC)と答えていましたが、特に深く聞かれることはありませんでした。
    また、面接時に説教をする人は最初から雇う気がないので、こちらから早々に話を切り上げるのが賢明であると思います。 面接の段階ではまだ何も利害関係が発生していないので、こちらも相手を審査するつもりで強気に交渉すればいいと思います。

    空白期間の長い応募者を面接する時は「突然辞めないか」「職場になじめるか」あたりが重視されると思うので、「この人はちゃんと続けて仕事してくれそうだな」と担当者に思わせることが大事ではないかと思います。

    企業の求人理由は主に「急に人が辞めたので、人を補充したい」か「事業拡大」のどちらかですので、相手の立場に立ってみて【もし自分が採用担当者だったらどういう人を雇うか】と考えれば効果的なアプローチができるかと思います。
    【お互いの利害を一致させる】ように話を持っていけば、履歴書だけではわからない【人柄】も見てもらえるのではないかと思います。

    企業にとって履歴書はあくまで参考材料に過ぎないので、空白期間が長い場合はいかに【履歴書】から【人柄】に担当者の関心を移せるかがポイントになるかと思います。
    経歴はとても立派でも実際に仕事をすると期待はずれというケースは意外と多いので、結局は人柄であることは企業側もよくわかっていると思います。

    ただ今一番心配なことは【外国人労働者】の存在です。
    安い賃金でよく働く外国人労働者は企業にとってかなり美味しい存在です。
    外国人労働者はすでに128万人もいて、ひきこもりの総数に匹敵する人数です。
    政府は今後も就労可能な職種をさらに増やしていくことから、欧米諸国と同様に外国人労働者に仕事がどんどん奪われ、賃金も下がると言われています。
    そうなるとイス取りゲームのように早い者勝ちのような状態になってしまうので、今のうちに少しでも実務経験を積んでおいた方がいいかも知れません。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント