投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
自立のコト

まとまりのないはなし

どうも、こんにちは。自分の考えを人目にさらして、他者に意見を求めるっていう状況を体験してみたくて、投稿することにしました。自分のような人間の話を聞く誰かなんて人生で誰ひとりとしていたことがないので、試しに自分語りをしてみたかったんです。きもちわるかったらごめんなさい、裏で…どうぞ。
○まず、ひきこもり当初について。
私は中学3年から完全にひきこもりとなって。それからずっとひきこもり状態が続いて5年目、現在20歳になります。
ひきこもりの始まりは、色々なストレスを外に吐き出すこともできず(心を開いて誰かに話す、被害妄想に陥らずその相手を信用する余裕に欠けていた人間不信状態。)
そのまま、受験期というプレッシャー。父の失業→転職による親の生活サイクルの極端な変化。友人同士の喧嘩、塾の急な変更など。自分の意図しないトラブルや環境の変化によって押し潰れたんだろうな…とは過去を振り返って思います。

○ひきこもりに至る精神状態へ育った過去やらについて(思いついたことを適当に書き出している形なのでひどく読みずらいと思います)。
家族関係
父、母、兄、私。第一親類(?)、過去に同じ家に暮らしたことのある直近の血縁者は4人。幼稚園を卒園する頃には母が薬物依存になり夫に対しても不満を募らせていたらしく。父も普段は一家の大黒柱を担い忍耐力の強い頼れる優しげな方なんですが、不快なことをされると一転ドンキーコングのように突然物を投げ出すような性格。2人はお互いのすれ違いが悪化し顔を合わせば、家を荒し回る関係性になりました。当時はマンションの5階に暮らしていたので下の階の方は夜毎恐怖やとまらぬ騒音被害による怒りにでも包まれていたのではと思います。警察の方がよく来て、母と仲良くなったりもしていて、相変わらず母親のコミュスキルはどうなってんだ…と、今でも勝てない素晴らしい母の人間性。と思うことしきりです。交友関係が広く道端の人ともすぐに仲良くなり楽しげに話す母の姿は純粋にすごいな…とは思っていました。
そんなことはどうでもよくて。その頃の母親はひがな一日中眠り続けて目が覚めると外に出る無職。小1で、父親が行方不明となって、生活が破綻。家を追い出されて、母の精神状態も悪化したようでしたが、兄と母と私とで引越しして生活再開。
父はその後、知り合った女性と同棲する為に別の家を買って共に暮らし始めたことが判明する。
父は母に金銭的な援助をして、子供たちの諸経費分も含めて渡していたけれど、母がそれらを使い込み続けたために父親は、この元妻には任せられない!とでも思ったのか子供たちを引き取ります。
小2の秋頃父親の家に女性と兄と私が暮らすようになる。
小3くらいで、兄(14)が父の金銭を無断で盗んで使い込んだことが発覚して兄は家を追い出されて母の下へ。
小4か小5くらい…女性が父親と別れて、また別の女性2が家に住み着きました。女性2は夜勤の仕事をしている方で。とても神経質な性格をしていて、私とはあまり相性がよくなかったらしいのもあり、あまり話をした記憶は残っていません。

小学生の間は、毎週末くらいの頻度で、母と兄とで暮らす家に泊まりに行くことは許されていたので家族関係は良好だったと言えました。
中学生になると、私は塾に通うようになったり友達と遊ぶことに時間を取られたりして時間がなくなって特別なことでもなければ行くことは無くなりました。まあ、母の家に行かなくなった一番の理由は悩みを募らせて過呼吸で倒れた兄に対する罪悪感と無力感から目をそらしたかったから…というのが大きいですが。

中学1年になると、女性2も消え。新たに外国人の女性3と結婚することになった!と伝えられて会いに行くために海外旅行に行きました。父親の行動力はすごいな…と今でも思います。中2になると、女性2も家に来ましたが、しばらく経つと消えて父親は「詐欺だっ!」とぶつくさ言っていたので、結婚詐欺だったんだろうな…と思います。珍しい経験をしたんだなぁと思いました。

それで、中2の冬頃から。ひきこもる原因であろう父親の失業→転職で。父親はうまく時間が合わないせいで1ヶ月か、2週間に1度か…その位の頻度でしか家に帰れなくなりました。大変ですね。

それで気付いたらひきこもりになっていたような感じです。ひきこもりになるには、たとえ穀潰しの能無しであろうと親による変わらぬ愛と無償の善意…愛する我が子のために!と生活を立ち行かせるための金銭を、提供し続ける関係性がなければなりません。
ひきこもりになっても変わらぬ愛を貫く父親には感謝していますが。甘え根性の染み付いた私の自立を阻害する要因にもなった…と多少の恨み辛みがありますね。
そんな両親。
母親は更年期で幻覚と独りでに戦うようになり始めてしまったので病院に。入院してたらそのまま急死しました。兄は泣いていましたね。父も。あと母の妹も。

父親は、持病が悪化して、昨日倒れて病院に救急搬送されたんです。私は半年ぶりに体を洗い服も着替えて、どれぐらいぶりか分からない…本当に久しぶりに外に出て。父親の関わりのあった方々に連絡を入れて、状況説明やらの話をして、看護婦の方と話をして入院やらの手続きも行って。字を書くのなんて3年ぐらいぶりです。

そして、今。自分なにやってんだろうな…って思って、まとまらないまま思いついたことを誰かに話してみたくなった。
厳しい意見も楽観的な意見も、励ましでも。ほんとうに適当に思ったことでも一言二言。なんでもいいので何か反応があると嬉しいです。

富山県 わんわんおさん(投稿日:2019年7月28日)

0

1つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 ゆっこ says:

    はじめまして。私も先日父が倒れて入院し、他人事とは思えず、コメントしました。
    どうか一人で抱え込まず、まずは病院の看護師さんやケアワーカーさんなど頼れる人を頼ってくださいね。

最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント