投稿はこちら

支援情報はこちら

親☆スタはこちら

こんにちは!
わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ
すずのTwitterだよ。
悩んでるコト

これから先が怖い。

私は三兄弟です。兄弟とも、知的障害者で、難しいことはできません。自分のことも食事を作ったり、服を買ったりすることもできないので、私の悩みを相談することもできないです。そして、私も自立した生活をしたことがなく、年老いた親以外頼る人がいないので、これから先兄弟のこと親のこと自分のこと、孤独な将来のことが怖くて怖くて仕方ありません。どうすればよいのだろ。怖いことばかりで毎日苦しくて、何も集中できないし、外に行くと取り残された感じ、自分の未熟なことが恥ずかして嫌になります。化粧も身だしなみにも興味がなくなり中身も見た目も最悪です。田舎では都会のような集まりもないし。昔はよかった。あの時ああすればよかったと思うばかりです。精神科に通っていますが、そこもデイに通うように言われますが、そこでも自分だけ、こんな家庭環境で難しいし、他の人は普通の家族がいたり、恋人がいたり、仲間がいたり。孤独感や未熟な自分を感じて、怖くなり、逃げてしまいました。仲間が欲しいです。頼れる人がほしい希望がほしです。

大分県 まゆ(投稿日:2019年10月13日)

0

2つのコメントがあります。

  1. 神奈川県 あき says:

    私がB型就労支援でスタッフとして働いていた時の話です。
    利用者さんは、障碍者年金や生活保護を受給している方がほとんどでした。恋人のいるかたもいたし、結婚していた方もいました。
    障碍者手帳を持っていることによって、いろんな施設が無料になり、並ぶことなく付き添い一人も無料なるので、ラッキーなんて、話している方がいました。
    市役所で相談すれば、いろいろ受けられるサービスを教えてもらえるはずです。
    ご兄弟も、親が亡くなられた場合は、施設に入居する方法もあると思います。

  2. 埼玉県 そうじろう says:

    やはり誰か相談できる人がほしいですよね。
    偶然の出会いというのがあって、私は体調が悪かったとき漢方の薬局に行っていたことがあるのですが、そこに偶然カウンセリングのチラシがあって、そこに行ったらいい人だったとか、都内の病院から自宅近くの病院に変えたら、たまたまそこにカウンセラーがいて、その人も自分と合う人でした。
    自分のできる範囲で動いてみると、そういう出会いもあると思います。

    あと家事ができると、いいと思うんですけどね。
    料理などやっているうちに楽しくなることもありますから。
    簡単な掃除もおすすめです。
    ちょっと玄関を掃いたりするだけで、スッキリします。
    掃除は流れをよくすると言われています。
    身だしなみにも興味がなくなってきたということは、少しうつ状態なのかな。
    まあ動けないときは動けないですから、動けるときにね。

    デイケアも自分が行きたいと思ったら行ってください。
    無理に行く必要はありません。

    私は数年前からラジオの英語番組を聞き始めたんですけど、なぜかずっと続いています。最初は何となく聴き始めたんですけど、今ではやめるのがもったいなくて続いています。

    あなたも何か出来そうなものがあったら、ちょっとやってみてください。
    目の前のほんの小さいことでいいのです。

意見をコメントする。


最近の『言ってみた。』
最近の『撮ってみた。』
最近の『訊いてみた。』
最近の『読んでみた。』
最近の『まとめてみた。』
県・団体によるイベント