• 投稿はこちら
  • 投稿する前に
  • 支援情報はこちら
  • 親☆スタはこちら

こんにちは!

わたしたち星すずはり、星こゆるぎと申します。 このサイトを管理している公式ナビゲーターです、Twitterフォローよろしくね! ひきスタ公式ナビゲーター・すずはりとこゆるぎ

すずはりのTwitterだよ!

面倒

悩んでいるコト

全部、面倒だと思う。仕事したいけど、仕事する為の最低限に必要な物も無いし、どうせ頑張っても意味無いんじゃ無いかなって思う。田舎だから就職の為の引きこもりの支援施設とかも遠くに行かないと無いし、頑張れば引きこもり止めれるとも思えない(続きを読む) ...

もっと読む

(令和3年11月13日、20日)横浜市補助事業 セミナー&個別相談会「ひきこもり体験者に聴く 家族の手助け 嬉しかったこと、つらかったこと」

概要 ひきこもり、不登校など、さまざまな困難を抱えた若者、その若者を支えるご家族、支援者、そして地域の方々に向けたセミナー&個別相談会です。 当日のセミナーでは、ひきこもり体験のある若者にも登壇をしてもらい(一部、ビデオ登壇となる(続きを読む) ...

もっと読む

(令和3年10月23日、30日)ヒューマン・スタジオ しゃべるの会(不登校編、ひきこもり編)

概要 バックナンバー掲載文をnoteに順次転載しているメールマガジン(メルマガ)の新しい号をテキストに使用する独自の家族会として3か月ごとに開催している「しゃべるの会」、次回「不登校編」は今月23日(土)に「ひらつか市民活動センタ(続きを読む) ...

もっと読む

死にたいは生きたいだ、なんて言わないで

悩んでいるコト

死にたいは生きたいだ、なんて言う人がいる。生きたいだなんて気持ちの悪いこと絶対に認めたくない。生きるって不潔。親の都合で生まれさせられたのに見返りを求められるのはおかしい。求めるなら子供なんて作らなければいい。なぜこんな簡単なこと(続きを読む) ...

もっと読む

【書評】「小説8050」を読んでみた。

小説8050の表紙

小説8050林真理子新潮社2021年400ページ 世間の関心も高い「ひきこもり」小説 今回取り上げた書評は、林真理子さんの小説「小説8050」です。2021年4月の発売から話題になっているので、ご存知の方もいるのではないでしょうか(続きを読む) ...

もっと読む

(令和3年7月25日)不登校・ひきこもり講座「ヒュースタゼミナール」第1回補講

概要 不登校・ひきこもり(おとな)のことで最初に相談するのは本人より親御さん。だから親御さんに理解と適切な対応を促すことができる相談や家族会のスキルを学ぶ場が必要です。  そこで、不登校・ひきこもりを専門とする相談機関「ヒューマン(続きを読む) ...

もっと読む

30代引きこもり

悩んでいるコト

自分の父親はアルコール中毒で母親はそれに逆らえず、母も私も兄も毎日のように暴力暴言を受けていました。 ストレスからか家庭環境なのか、理由は自分でもはっきり分かりませんが学校は不登校でほとんど通っていません。友達ができてもうまく付き(続きを読む) ...

もっと読む

どこかに書きたかった

親のコト

家族関係に悩む人向けの本です。自分が「これうちの事が書いてある」となった本。・『となりの脅迫者』・『母に心を引き裂かれて』・『毒になる親』 これ書いてる自分は4年前に『となりの脅迫者』を読んだ時に始めて人生のスタートラインに立った(続きを読む) ...

もっと読む

親に言われたことにイライラいてしまう

親のコト

母に言われたことを思い出してイライラしてしまう。 母は私とは意見や性格が違いすぎて、考えるだけ無駄だとは思うのだが、思い出すとイライラして叫びそうだったり、モノにあたってしましそうになる。 ひきこもりへの理解がない。子供を理解する(続きを読む) ...

もっと読む

「生活困窮者自立支援制度」を利用したひきこもり相談とは 「バックアップふじさわ社協」に訊いてみた。

平成27年に始まった「生活困窮者自立支援制度」。既存の制度では十分な対応が困難だった生活全般における困りごとの相談が、各地域で可能になりました。この支援制度には「自立相談支援事業」が含まれていて、ご家族がひきこもりであるケースにつ(続きを読む) ...

もっと読む
« 古い記事へ